「OS1st」タグアーカイブ

ランニング障害にオススメの OS1st (オーエスファースト)サポーター

どーも店長です✨

ランナーの皆さんは体に不調が起こったりすることありますよね?
今年のコロナ期間にALTRA JAPANが行った調査では、ランニングを始めて1年以内に、ランニングに起因する痛みや違和感を発生した方は、約65%という結果となりました。

65%と聞いて皆さんどのように感じられますでしょうか?店長は思ったより少ないかな?と感じてしまいました。

さて前置きが長くなりましたが、本日はランニング障害とオススメのサポーター OS1stについて以下の内容で進めていこうと思います。

 

1、ランニング障害の発生原因や考え方について
2、ランニング障害の特徴
3、OS1stってどんなサポーター?
4、OS1stの種類
【1】足底筋膜炎・アキレス腱周囲炎等
  ①FS6 コンプレッションフットスリーブ
②FS6+ パフォーマンスフット+カーフスリーブ
③FS4 足底筋膜炎用ソックス
【2】膝周辺の痛み、腸脛靭帯炎(ランナー膝)、ジャンパー膝等
  ①PS3 パテラスリーブ
  ②QS4 クワッドスリーブ(腸脛靭帯炎に)
  ③KS7 ニースリーブ
【3】外反母趾(ランニング障害ではありませんが)
  ①BR4 バニオンリリーフソックス(外反母趾用ソックス)
  ②HV3  バニオンブレーシングスリーブ(外反母趾の矯正に)
5、まとめ

 

1、ランニング障害の発生原因や考え方について

『ランニング』とは独特の動作で、長時間同じ動作を繰り返します。体の重さやスピードを片足ずつ交互に乗せるため体の負担も大きく、特にウルトラマラソンまで行う方は、10時間以上も同じように体を酷使することになりますので、体の局所に負担をかけてしまうことが想像できるでしょう。

 

『ランニング障害』について考え方として、2つ。

①ランニング障害の多くは、関節内部の問題ではなく関節周囲の一時できな問題であることが多いこと

②完全休養を取ることで一時的に痛みが無くなることが多いこと
根本的な改善には、原因となるランニングフォームや練習内容を見直す必要があります

 

 

2、ランニング障害の特徴

これらをある程度念頭に入れて、どんなランニング障害が起こるのかをまずは見ていきましょう。

①膝蓋大腿疼痛症候群(ざっくりいうと膝周辺と太ももの痛み)
②シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)
③アキレス腱周囲炎
④足底筋膜炎
⑤膝蓋靭帯炎
⑥腸脛靭帯炎
⑦中足骨疲労(骨折)
⑧脛骨疲労骨折
⑨後脛骨筋膜炎
⑩腓骨筋腱炎

など様々ありますが(漢字が難しくてごめんなさい)、ほとんどの痛みや違和感が膝より下で起きていることがわかります。
これらの症状は、休養を取ることで痛みが改善されることが多いと言われています
※店長の足底筋膜炎も休養で治りました

 

もちろん根本的な解決には、原因となるランニングフォームや体の使い方を直していく必要があります。しかしながら休養をとった後にいきなりフォームが改善されたりすることは少ないと思いますので、時には道具を使って痛みにくくしたり、痛みが出るのを遅らせることも必要になってくる時があると思います。

そんな時にオススメなのが、OS1st というサポーターです。

 

 

3、OS1stってどんなサポーター?

障害が起きた急性期のサポーターの多くは、固定装具と呼ばれるガッチリ固定するものが推奨されています。OS1stは急性期に使用する固定装具とは違い、以下のように挙げられます。

①可動域の制限が少なく動きやすい
②蒸れにいくい、通気性がいい、暑くならないので快適
③かさばらないので持ち運びに便利

どちらかというと、再発を防いだり、過度な負担をかけないように作られています。上記の特徴を持つNext To Skinというカテゴリーのサポーターとして全米No.1のシェアを誇るブランドです。

 

4、OS1stの種類

OS1stには様々な種類がありますが、代表的なものを紹介します。

【1】足底筋膜炎・アキレス腱周囲炎等
①FS6 コンプレッションフットスリーブ

主に足底筋膜炎やアキレス腱周囲炎の予防、再発防止など運動後のリカバリーに用いられます。OS1stシリーズの中で最も選ばれているフットスリーブです。
¥4,000+消費税(両足)

OS1st FS6の詳細・購入画面を見る

②FS6+ パフォーマンスフット+カーフスリーブ

主に足底筋膜炎やアキレス腱周囲炎の予防、再発防止、ふくらはぎの炎症、むくみ予防等に用いられます。
¥6,200+tax(両足)

OS1st FS6+の詳細・購入画面を見る

 

 

③FS4 足底筋膜炎用ソックス

アメリカで特許技術を取得した世界初の足底筋膜炎用のソックスです。炎症が起きている足底に適切な圧迫を加えてサポートします。メリノウールを混紡し、気持ちよく履くことができます。¥2,500+tax(両足)

OS1st FS4 足底筋膜炎用ソックスの詳細・購入画面を見る

 

【2】膝周辺の痛み、腸脛靭帯炎(ランナー膝)、ジャンパー膝等

①PS3 パテラスリーブ

主に膝蓋腱炎(しつがいけんえん)と呼ばれる膝下の痛み(ジャンパー膝と呼ばれることもあります)に有効なサポーターです。

¥2,000+tax(1つ入り)

OS1st PS3 の詳細・購入画面を見る

 

②QS4 クワッドスリーブ(腸脛靭帯炎に)
太もも全般の疲労や痛みと、腸脛靭帯炎の予防・再発防止に有効なクワッドスリーブです。シリコンのドットがマッピングされているため、ずれにくく必要な箇所を適切に抑えてくれます。
¥2,500+tax(1つ入り)

OS1st QS4 クワッドスリーブの詳細・購入画面を見る

③KS7 ニースリーブ

主に膝周辺全般の痛みや怪我の再発防止に有効なニースリーブです。シリコンのドットがマッピングされているため、ズレも少なく快適に使用できます。
¥2,500+tax(1つ入り)

OS1st KS7 ニースリーブの詳細・購入画面を見る

 

【3】外反母趾(ランニング障害ではありませんが)

①BR4 バニオンリリーフソックス(外反母趾用ソックス)

外反母趾の方に嬉しいパッド付きソックス。パッドは厚すぎないので自然な履き心地はそのままに、中足部に適度な圧迫を加えてくれるため指先が開くように作用します。また親指と人差し指もセパレートされているため作用の妨げになりません。
¥2,700+tax(両足)

OS1st BR4バニオンリリーフソックスの詳細・購入画面を見る

 

②HV3  バニオンブレーシングスリーブ(外反母趾の矯正に)

外反母趾の矯正や予防に指先をセパレートするフットスリーブ。履くだけで不思議と親指が人差し指から離れ、足指の矯正に役立ちます。
¥1,600+tax(1つ入り)

OS1st HV3の詳細・購入画面を見る

 

5、まとめ

いかがでしたか?

今回は主にランニング障害に合わせて膝から下の商品を主にお知らせさせていただきました。怪我の再発防止や悪化の抑制に最適のNext To Skinカテゴリーサポーター。動きやすさや快適さ、軽量で携帯性にも優れているため、お守りがわりに携帯してみてはいかがでしょうか。
それぞれの商品については、画像をクリックしていただき各商品の詳細が記載されているページがございますので、ぜひご確認ください。

また、足底筋膜炎用ソックスや、外反母趾用ソックスなど、日本の薬事法で言えないことも本国アメリカでは効果が立証され特許を取得しているものもあります。ぜひお試しください。

STRIDE LAB オンラインストアを見に行く

 

ではまた

・・・・・・・・・・・・・・・

【イベント情報】

10/31(日)
milestone ロードトリップ
※土井陵さんと一緒にナイトトレイルへ

11/1(日)
OMM対策(地図読み実践講習編+ミニレース)
→満員御礼となりました

1月23日(土)
ALTRA TIME TRIAL(AGFフィールド)
間も無くエントリースタート

・・・・・・・・・・・・・・・

商品に関するわからないことや質問などは、お気軽にLINE@からお問い合わせください。
https://line.me/R/ti/p/%40lbq2010w

・・・・・・・・・・・・・・・

STRIDE LAB

東京都多摩市一ノ宮2-19-1
050-1229-1339
http://stridelab.jp/
http://shop.stridelab.jp/
http://blog.stridelab.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・