「Fat adaptation」カテゴリーアーカイブ

エネルギー効率の良い体を作り、安静時、運動時の脂質代謝を高めるファットアダプテーション。ダイエットや、トレーニングにも有効です。

CHIMERA EVERYDAYの機能や成分

どーも店長です。

ファットアダプテーションすることによって、

何が良かったか、

他にどんなことと合わせると良いか

などをご紹介してきました。

さて、いよいよ本題です。
連日ご紹介してきた記事に出てきた

CHIMERA EVERYDAYについてご紹介します
※カイメラエブリデイって読みます

CHIMERA EVERYDAYの主な機能

CHIMERA EVERYDAYは、MCT(中鎖脂肪酸)と呼ばれる『脂質』を主な成分とする食品で、摂取することによって、体の脂肪からエネルギーを作りやすくしてくれる働きがあります。

※最近では日清オイリオさんなど大手企業でもサッカーの長友佑都選手や長谷川潤さんなどを起用し、その良さを伝えようとしていますね。

 

CHIMERA EVERYDAYの成分

もちろんサッカーやラグビーなどの一般的な持久系スポーツにも有効ですが、よりエンデュランススポーツ(ウルトラマラソンやトレイルランニング、トライアスロンなど)で効果を発揮できるよう、MCT以外にも長時間の運動で不足する成分(ビタミンやマグネシウム)や、働きが悪くなってしまう内臓にいい成分(タウリンやオルニチンなどのアミノ酸)がバランスよく配合されています。

→CHIMERA EVERYDAYを買う

 

CHIMERA EVERYDAYの摂取方法

好きな飲み物や料理に混ぜてご利用いただけます。
オススメの摂取のタイミングは、朝食の代わりにコーヒーなどの血糖値を上げにくい飲料に混ぜて摂取するといいです。付属のスプーンで大さじ1杯(10g)が目安です。
より効果的にファットアダプテーションしていくために、15時間ファスティング(糖質制御)をオススメしています。
例えば
→夜ご飯(21:00)→朝CHIMERA EVERYDAY(血糖値を上げない飲み物等に混ぜる)→お昼ご飯(12:00)
夜ご飯とお昼ご飯は好きなように食べて(食べ過ぎなければお菓子もOK)、間食を控えて、朝だけCHIMERA EVERYDAYにしていくのが、効果的なファットアダプテーションを進める方法です。
※そんなにストイックにできないあなたは、朝ごはんちょっと減らしてCHIMERA EVERYDAYを毎日摂ってみてください。
なお、糖質を減らして脂質を多く取るようにするとより効果的です。

CHIMERA EVERYDAYの注意点

人によってはお腹がゆるくなることがあります。その場合は、使用量を減らすなどして調整してください。

 

まもなく2018年も終わりですね。
つまり2019年の始まりです。
新たなスタートに体質改善にチャレンジしてみるのもいいと思いますよ✨

→CHIMERA EVERYDAYを買う

 

※合わせて読みたい記事
CHIMERA EVERYDAYの機能や成分
よりファットアダプテーションするには・・・
FAT ADAPTATIONの効果
STRIDE LABチャンネルが始まりました
2018年12月の予定
Teton Bros.ハイブリッドショーツ再入荷しました
Teton Bros.Scrambling Short(スクランブリングショーツ)再入荷しました
体のケアに困ったらコレ一択『RAD ROLLER(ラドローラー)』
Drymax(ドライマックスソックス)大量入荷しました
2018年11月の予定(一部変更しました)
秋〜春 1番活躍するウェアは?
メタボリック・ダメージ
LONEPEAK4 MID RSM入荷しました
2018年10月の予定
武尊120 大会の完走とカラダの準備
ボンキングとファットアダプテーション
PARADUGM4.0入荷しました
おやすみは八ヶ岳へ
武尊120へ向けて準備中
ALTRA TIME TRIALが開催されました
2018年9月の予定
LINE@でオンラインでも使えるクーポン配布中
LINE@はじめました
2018年8月の予定
TORIN KNIT3.5でウルトラマラソン走ってみた
日光ウルトラマラソン走ってきました
8/4開催  ALTRA TIME TRIAL SERIES東京大会
ファットアダプテーションの実践
ルナサンダルの履き分けとサイズ感について
ルナサンダル入荷しました
ファットアダプテーションについて
Teton Bros.のTシャツはここがいい
山の補給学
UTMF前に確認しておきたい装備(防寒対策)
ヘッドライトで迷ったらPETZL NAO+
ウルトラで選ばれてるシューズランキング
Teton Bros.スクランブリングショーツ
居住性を追求した山岳テントCHINOOK 2P
gleg socks入荷しました
drymax socksは普通の靴下と全然違う
Dry Actionという技術
Wind River Hoody入荷のお知らせ
・Wind River Hoodyが最高なワケ
もはやお宝?Race Readyのパンツ
日本規格で作り直したこだわりのINSTINCT EVERYDAY
ナチュラルランニングと革靴
日常でもゼロドロップシューズが良いわけ
ALTRAとクッション
ALTRAと走り方
ALTRAの何がいいかわからず履いている方へ
ALTRA ESCALANTE BOSTON RACER
ALTRA厚底ロードシューズ比較してみました
ALTRAシューズのサイズ感について
走るために生まれた「ルナサンダル」とは
いわゆる自然な走り方について
ALTRA 朝1番に履きたいシューズランキング
ALTRA LONEPEAK3.5はトレイルとロードのバランスが神

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

STRIDE LAB

東京都多摩市一ノ宮2-19-1

050-1229-1339

Mail:info@stridelab.jp

ONLINE SHOP:http://mfxtreme.shop-pro.jp/

2018年12月の予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

よりファットアダプテーションするには・・

ど=も店長です。

前回の続きです。

ファットアダプテーションされた体は、体に備わった脂肪(脂質)から効率よくエネルギーを使えるので、レース中の補給する回数や量が段違いに減りました

と前回書きました。

ジェルだけで1時間に2個摂り続けたランナーさんと

22時間で6個しか摂る必要がなかった店長

ジェル売ってていうのもアレですが、ジェルそんなに持たなくても走れる体になればジェル代を相当節約できます♫

 

さて、ファットアダプテーションされた体になったと思う!とか自分で思ったことはありませんが、結果的にそうなっていたのかもしれないとレースが終わって感じました。
ただ、CHIMERA EVERYDAYを摂取すればいいわけでなく、基本的なエンデュランススポーツの”考え方”を知っておく必要があります。

 

いつしか書いたことがあるAT値とAeT値について
言葉は難しいので覚えなくていいので、心拍数にある一定のラインが引かれることに注目して図を見てください。

運動中の心拍数とエネルギー源が何で主に作られているかを表した図です。

AT値と呼ばれる心拍数(人によって差があります)を仮に170回/分とし、AeT値を120回/分とした図です。特にファットアダプテーションされていない人の場合、心拍170を超えた運動をすると、エネルギーの100%が糖質(いわゆる炭水化物)から作られることになります。(人によって多少違います)

例えば、山の登りでどんどん心拍が上がっちゃうのに無理しちゃう人や、フルマラソンで突っ込みすぎて後半ガクッとペースダウンしてしまう人の中には、糖質で作られるエネルギーがどんどん枯渇してしまう人がいます。糖質を補おうとすると、何か糖質を入れなきゃいけない→枯渇→糖質補給→の繰り返しで胃腸や肝臓に大きな負担がかかってしまいます。

今度は、AeT値(1番効率よく脂質からエネルギーが作られる値)と呼ばれるラインと、AT値の間で運動をした場合、脂質から作られるエネルギーの割合が高いため、補給が少なくても長く運動が続けられます。
※編みかけで示したゾーンです

 

なので、この120で記されたAeT値と170で記されたAT値の幅を広げてあげるトレーニング(LSDやインターバルなど)を行っていくと、脂質をエネルギー源とする運動時間が長くなります。

トレーニングで脂質をエネルギー源とする運動の割合を高めたいなら上記のようなことを念頭に練習をするといいことになります。

 

 

また、ファットアダプテーションされた体の方は、

その一歩先を攻めることになります。

AT値(図で言う心拍170)を超えた状態で運動をしても、脂質をエネルギー源とする運動をできる人がいます。

例えば、お隣でトレーニングを教えているTREATの矢田夕子さんは、安静時において、一般の人よりも44%も脂質をエネルギーとして利用できています。

常人の戦闘力が100だとしたら144ってことですね、恐ろしい^^;

 

※この44%というのはお隣TRAETさんで『呼吸商』と呼ばれる数値を計測でき、安静時における体内のエネルギー代謝の比率を知ることができます(RMRと記載されている項目です)
→TREATさんで計測したい人はコチラ

 

そもそも運動能力も高くてAeT値とAT値の幅も、一般の人より圧倒的に広い上に、安静時でそれだけ脂質を使っているのだから、運動中のエネルギーをいかに脂質から作り出せるかというのがわかりますね。

そういった体質にしていくのが、

CHIMERA EVERYDAYです。

成分や摂取方法、摂取のタイミングは次回に書くとして、大事なことなので、まとめます。

 

体に備わった脂肪(脂質)を効率よく使える体にするためには、

1、トレーニングでもできる

2、CHIMERA EVERYDAYでもできる

3、合わせ技が1番効く

ということを覚えておいてください✨

 

では、次回、いよいよCHIMERA EVERYDAYに迫って行きたいと思います♫

 

→CHIMEA EVERYDAYを買う

 

 

※合わせて読みたい記事
よりファットアダプテーションするには・・・
FAT ADAPTATIONの効果
STRIDE LABチャンネルが始まりました
2018年12月の予定
Teton Bros.ハイブリッドショーツ再入荷しました
Teton Bros.Scrambling Short(スクランブリングショーツ)再入荷しました
体のケアに困ったらコレ一択『RAD ROLLER(ラドローラー)』
Drymax(ドライマックスソックス)大量入荷しました
2018年11月の予定(一部変更しました)
秋〜春 1番活躍するウェアは?
メタボリック・ダメージ
LONEPEAK4 MID RSM入荷しました
2018年10月の予定
武尊120 大会の完走とカラダの準備
ボンキングとファットアダプテーション
PARADUGM4.0入荷しました
おやすみは八ヶ岳へ
武尊120へ向けて準備中
ALTRA TIME TRIALが開催されました
2018年9月の予定
LINE@でオンラインでも使えるクーポン配布中
LINE@はじめました
2018年8月の予定
TORIN KNIT3.5でウルトラマラソン走ってみた
日光ウルトラマラソン走ってきました
8/4開催  ALTRA TIME TRIAL SERIES東京大会
ファットアダプテーションの実践
ルナサンダルの履き分けとサイズ感について
ルナサンダル入荷しました
ファットアダプテーションについて
Teton Bros.のTシャツはここがいい
山の補給学
UTMF前に確認しておきたい装備(防寒対策)
ヘッドライトで迷ったらPETZL NAO+
ウルトラで選ばれてるシューズランキング
Teton Bros.スクランブリングショーツ
居住性を追求した山岳テントCHINOOK 2P
gleg socks入荷しました
drymax socksは普通の靴下と全然違う
Dry Actionという技術
Wind River Hoody入荷のお知らせ
・Wind River Hoodyが最高なワケ
もはやお宝?Race Readyのパンツ
日本規格で作り直したこだわりのINSTINCT EVERYDAY
ナチュラルランニングと革靴
日常でもゼロドロップシューズが良いわけ
ALTRAとクッション
ALTRAと走り方
ALTRAの何がいいかわからず履いている方へ
ALTRA ESCALANTE BOSTON RACER
ALTRA厚底ロードシューズ比較してみました
ALTRAシューズのサイズ感について
走るために生まれた「ルナサンダル」とは
いわゆる自然な走り方について
ALTRA 朝1番に履きたいシューズランキング
ALTRA LONEPEAK3.5はトレイルとロードのバランスが神

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

STRIDE LAB

東京都多摩市一ノ宮2-19-1

050-1229-1339

Mail:info@stridelab.jp

ONLINE SHOP:http://mfxtreme.shop-pro.jp/

2018年12月の予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ファットアダプテーションの効果

どーも店長です。

副店長が育てに育ててきた

FAT ADAPTATION(ファットアダプテーション)

〜体に備わった体脂肪(脂質)を効率よくエネルギーとして利用できる体にしていくこと〜


について、専門家の副店長ではなく、

店長なりの理解でお伝えしてみます。

 

と!その前に!

 

明日12月12日(水)に

ファットアダプテーション商品の第一弾として

CHIMERA EVERYDAY

が発売されます。けっこうガチで開発していました。商品開発ってこうしていくんだというのを間近で見ていて大変勉強になりました。
そう、開発に携わってくれたのが『スポーツ麦茶』でもお馴染みのミナト製薬さんです。何度も事務所に足を運んでくれていました。

さて、CHIMERA EVERYDAYの話にいく前に、

そもそもファットアダプテーションって何がいいの?

 

それよくわかります。細かい話は置いといて、なんかいい事あったの?って。
店長の周りの方は忠実に15時間ファスティングと合わせ技で10kg近く体重が落ちていく人が続出していますが、お菓子も大好きだし間食だって好きな店長からしたら

そんなにストイックにできねーよ

って思っちゃたりしますよねー、うん。

 

まぁ忠実にやっていけば体重が落ちる人っていうのは確かにこの目でたくさん見ましたよ。じゃぁ店長なんかいい事あったの??

 

実は、・・

あったんですよ。

 

これは単純に「痩せるため」に使う商品ではなくて、自分の体に備わった脂肪(これがものすごいエネルギー量)を効率よくエネルギーとして使えるようになる商品なんですよ。

店長に起きた”いいこと”は

レース中の補給なんです。

 

9月に行われた上州武尊スカイビュートレイル120K
129km・累積9200m以上と言われ
22時間ぶっ通しで走りました。

そこで必要とした補給は
Mag on  たったの6こ
ミニカレー(あ、ここでもカレー食うのねと思った方ありがとうございます)
ミニそうめんを1杯ずつ

ざっと計算して消費エネルギーは12000kcal〜15,000kcalくらいだったと思いますが、摂取したエネルギーは1200kcalくらいだったと思います。

それなりにハードな運動になるんですが、いつもはもっと欲しくなるエネルギー(食料)が全然欲しくならず、80km地点からの約50kmはほぼ水だけあれば走り続けられるかなといった感覚さえありました。
それも全く気持ち悪くならずに・・・

 

どうでしょう?

けっこういいことだって思った方

多いんじゃないでしょうか。

 

→CHIMERA EVERYDAYを買う

 

レース中の補給については、気持ち悪くなって受け付けなくなったり、補給のタイミングが悪く、エネルギー切れを起こしてしまったり、いわゆるハンガーノックやボンキングなどの、やる気失っちゃうくらい枯渇したり、ロングレースになればなるほど悩む方が多いとお店でもよく聞きます。

もちろん、走る時の心拍数の管理(途中から感覚になってきてましたが)もある程度、考え方として持っているからではありますが、

ファットアダプテーションされた体は、ロングレースの時などには高いパフォーマンスを発揮してくれた

 

これは店長も体験したので嘘じゃありません。

最近また食べ物が美味しい季節とイベントで多忙なので言い訳し続け、太ってきてしまいましたが笑、来年はもう少し痩せたいと思います笑。年が明けたら頑張ります♫

 

さて、また一般ランナー目線の店長視点で、ファットアダプテーションされた体でいかに効率よくロングレースに向き合ったか、次回書いていけたらと思います。

 

 

→CHIMERA EVERYDAYを買う

 

※合わせて読みたい記事
FAT ADAPTATIONの効果
STRIDE LABチャンネルが始まりました
2018年12月の予定
Teton Bros.ハイブリッドショーツ再入荷しました
Teton Bros.Scrambling Short(スクランブリングショーツ)再入荷しました
体のケアに困ったらコレ一択『RAD ROLLER(ラドローラー)』
Drymax(ドライマックスソックス)大量入荷しました
2018年11月の予定(一部変更しました)
秋〜春 1番活躍するウェアは?
メタボリック・ダメージ
LONEPEAK4 MID RSM入荷しました
2018年10月の予定
武尊120 大会の完走とカラダの準備
ボンキングとファットアダプテーション
PARADUGM4.0入荷しました
おやすみは八ヶ岳へ
武尊120へ向けて準備中
ALTRA TIME TRIALが開催されました
2018年9月の予定
LINE@でオンラインでも使えるクーポン配布中
LINE@はじめました
2018年8月の予定
TORIN KNIT3.5でウルトラマラソン走ってみた
日光ウルトラマラソン走ってきました
8/4開催  ALTRA TIME TRIAL SERIES東京大会
ファットアダプテーションの実践
ルナサンダルの履き分けとサイズ感について
ルナサンダル入荷しました
ファットアダプテーションについて
Teton Bros.のTシャツはここがいい
山の補給学
UTMF前に確認しておきたい装備(防寒対策)
ヘッドライトで迷ったらPETZL NAO+
ウルトラで選ばれてるシューズランキング
Teton Bros.スクランブリングショーツ
居住性を追求した山岳テントCHINOOK 2P
gleg socks入荷しました
drymax socksは普通の靴下と全然違う
Dry Actionという技術
Wind River Hoody入荷のお知らせ
・Wind River Hoodyが最高なワケ
もはやお宝?Race Readyのパンツ
日本規格で作り直したこだわりのINSTINCT EVERYDAY
ナチュラルランニングと革靴
日常でもゼロドロップシューズが良いわけ
ALTRAとクッション
ALTRAと走り方
ALTRAの何がいいかわからず履いている方へ
ALTRA ESCALANTE BOSTON RACER
ALTRA厚底ロードシューズ比較してみました
ALTRAシューズのサイズ感について
走るために生まれた「ルナサンダル」とは
いわゆる自然な走り方について
ALTRA 朝1番に履きたいシューズランキング
ALTRA LONEPEAK3.5はトレイルとロードのバランスが神

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

STRIDE LAB

東京都多摩市一ノ宮2-19-1

050-1229-1339

Mail:info@stridelab.jp

ONLINE SHOP:http://mfxtreme.shop-pro.jp/

2018年12月の予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メタボリック・ダメージ

どうも副店長です。

今回も脂肪関連です。

 

ファット・アダプテーションの効果の一つとして:

適正な体重、体脂肪率、筋肉量に調整される事で、スポーツのパフォーマンスが向上したり、運動障害のリスクが軽減されたり、健康状態が向上したりと、様々な良い影響があります。

最近では「ファット・アダプテーション」の実践者たちに浸透してきた毎日の「15時間ファスティング」+  MCTオイルだけでも劇的な効果を感じる方も多いですが、それ以上の効果を求めて様々な事にチャレンジする方も多くいます。

そこで、ファット・アダプテーションを進める中で一番気をつけなければいけない事は:

 

「メタボリック・ダメージ」

身体が強いストレスを感じる事で「飢餓状態」に陥り、基礎代謝を下げて、エネルギーを消費しにくい身体を作ってしまうこと。

アメリカで人気のダイエット番組:

「The Biggest Loser Diet」

(極端な摂取カロリー制限と激しい運動による消費カロリーの増加を取り入れたダイエット方法)

を6年間追跡したデータでは、すべての参加者が30週間で40%程度の体重の減少が見られたが、6年後28%程度の体重の回復があった。

 

    ダイエット前  30週間後  6年後

体重の変化: 149kg      90.6kg        131.6kg

  Body Fat: 49.3%       28.1%           44.7%

 

その原因が

「メタボリック・ダメージ」

基礎代謝が著しく低下してしまい、体重が増加した後でも、基礎代謝が下がり続けてしまう状態に陥ってしまいます。

実際に上記の「The Biggest Loser Diet」では 基礎代謝が著しく低下してしまい、6年後に体重が回復しているのにもかかわらず、基礎代謝は下がり続てしまうというネガティブな影響がありました。(プログラム開始から6年後まで運動量は同量で継続)

 

       ダイエット前  30週間後  6年後

Measured RMR  2607kcal       1996kcal        1903kcal

Predicted RMR  2577kcal       2272kcal        2403kcal

下の「Predicted RMR」は身長、体重、年齢を計算式に入れて算出された推定の基礎代謝です。この数値に近いか、それより高い基礎代謝の実測値が望ましいとされています。

これでは、なかなかスポーツパフォーマンスも向上しにくいし、体重の減少も見込めません。むしろ、この基礎代謝の減少を回復させるには長い時間が必要になり、プログラムを開始する前よりも悪い状況になる場合があります。

そこで重要なのが、十分な食事(特に脂質)を摂る事と、適度な運動

必要なエネルギーが無い場合、身体は「飢餓状態」だと判断して、基礎代謝を下げて、効率良く生命を維持する身体を作ろうとします。

ファットアダプテーションでは、脂質で十分なエネルギーを摂取しながら、「インスリン分泌」の多い食物を一定時間避けるだけなので、「飢餓状態」に出来る限り陥らないようにしています。

実際に脂質と糖質の代謝の割合を数値化する「呼吸商」と「安静時代謝」の測定をしながら行ったファットアダプテーションの実践的な例では、体重が13キロ減少したにもかかわらず、基礎代謝を完璧に維持できていました。

*この実践報告はまとめて行います。

ファット・アダプテーションはあくまで「調整」です。

無理をして一時的な変化をもたらすのが目的ではなく、無理なく「エネルギー代謝」を調整することで、健康的な身体を手にすることを目指しましょう。

そろそろ発売される:

「CHIMERA」シリーズでは以下の成分が含まれており、脂質代謝を促しながら、内臓疲労を抑え、体に負担のない「調整」を効率的に行うことができます。

[CHIMERA -Everyday-] (近日発売予定)

ー毎日1回か2回を目安に4ー12グラムを水、コーヒー、ココアなどに混ぜて飲むことで、普段の生活の中で「ファット・アダプテーション」を進めることができます。

¥4,300 (300g)

内容:MCTパウダー、タウリン(抽出物)、アスパラギン酸、ビタミンD、E

ー普段から脂肪を様々な形で摂っているけど、なかなか効果が出ない場合、脂質代謝を行うための重要な酵素のもととなるアミノ酸が不足していたり、内臓ストレスが高くて、上手に分解できていない場合があるようです。また、糖質エネルギーが減ってきた時に心配される「筋肉の分解」を防ぐためにもアミノ酸は重要な存在となります。

ー毎日の食事や、ファスティング時におすすめしているものですが、運動中のエネルギー補給にも量を調節しながら利用することができます。

[CHIMERA – Ignition] 1月発売予定

:運動中、運動前、運動後に摂るMCT、アミノ酸、電解質

ー「イグニション」の名前の通り、身体に溜め込んでいる強力なエネルギーである「脂質」を燃やすための「着火剤(Ignition)」

ー電解質も含まれているので、長時間の運動中のビタミン、ミネラル補給や、短時間で強度の高い運動の前のビタミン、ミネラルローディングにも最適です。

詳しくはストライドラボ、「副店長」まで!

「ボンキング」と「ファットアダプテーション

ご無沙汰しております。 「副店長」です。

久々の投稿は「ボンキング(Bonking)」について!

ボンキングとはエネルギーが枯渇して、無力感を感じる状態をあらわす言葉で、英語圏では一般的に使われている表現です*

 

ロングレースだけでなく、様々な場面で感じる

 

「エネルギーの枯渇」

 

「ハンガーノック」や「シャリバテ」など、様々な言葉で表現されていますが、それぞれの症状が固有のものであったとしても

要するに

「枯渇」=「ボンキング」

 

であることは共通していると思います。

 

前に説明したとおり、どんな人でも体脂肪として多くのエネルギーを蓄積できているはずなのに、どうして「ボンキング(枯渇)」が起こるのでしょうか?

 

実際に身体の中では以下のことが起こります:

運動 = エネルギー消費

血中ブドウ糖レベルの減少 → 「枯渇」

グリコーゲンの分解 → 「枯渇」

エネルギー補給

ボンキング(枯渇)」

普段から脂質をエネルギーに変える能力をつけていない人の場合、上記のようにグリコーゲンが枯渇したあと、エネルギー補給と「ボンキング(枯渇)」のループを繰り返すしかありません。

「FAT ADAPTATION」を普段から行うことで、以下のような代謝能力をつけることができ、安定したエネルギーの供給を続けることができるようになります。

運動 = エネルギー消費

血中ブドウ糖の減少 → 「枯渇」

グリコーゲンの分解 → 「枯渇」

脂肪の分解 → ケトン体の供給

**

眠気や無力感など、「ボンキング」の典型的な症状は「脳」が利用するエネルギーが減少してきて、脳の活性が落ちることで得られる感覚だと言われています。

一般的な知識として:

「脳のエネルギーはブドウ糖からしか得ることができない」

と言われてきましたが、実際には以下の研究データのように、脳のエネルギーの多くは「ブドウ糖以外からも得ることができる」事がわかってきています。

その「ブドウ糖以外のエネルギー」とは:

「ケトン体」

=体脂肪が分解されて出来る物質

 

普段の食事を変えることで、安定したエネルギーを脳に届けることが出来るようになることで:

普段の仕事も、長時間の運動でも、「ボンキング」を予防することができ、高いパフォーマンスを継続できるようになります。

 

「FAT ADAPTATION」は仕事の効率も向上してくれるかもしれません。