ランニング障害

我々の勧める「Learn To Run」は、自然に「走る」「歩く」という本来人間が当たり前のように出来ているはずの事を、安全に当たり前に出来るようにお手伝いをすると言う、とてもシンプルな目的を持っています。
驚く事に、様々なスポーツの中で最もシンプルなスポーツであるマラソンが、一番スポーツ障害の確率が多いと言う報告が出ています。さらに、ランナーの37%~50%が何らかのランニング障害に悩まされており、それが原因でスポーツから遠ざかる事になってしまっています。

ランニング障害の主な原因はその「ランニング・フォーム」があげられます。一部の関節、筋肉に集中してストレスのかかるランニング・フォームで過度のトレーニングをすると、その小さなストレスが蓄積され、「炎症」や「痛み」という「オーバーユーズ」状態となって現れて来ます。それを「ランニング障害」といいます。


ランニング障害を減らし、生涯スポーツとして「マラソン」、「ハイキング」、「ウォーキング」を楽しむ為に、是非「ランニング・テクニック」を学んでください。

コメントを残す