『STRYD』パワーメーター 販売開始!!

 

ランニング・トレーニングが進化します!!

サイクリストの間ではすでに当たり前になってきた「パワートレーニング」。ワット(W)運動負荷を管理し、的確な運動量を確認し、トレーニング計画を作る事ができます。

さらに、『STRYD』の3D加速度センサーは運動を「3軸」で計測する事で、運動の効率(ランニング・エコノミー)を数値化し、無駄のないランニング・トレーニングを実現し、ランニング障害のリスクも軽減する事ができます。

高性能 3D加速度センサー搭載

STRYDは3D加速度センサーをカーボン製の小さなフットボッドに搭載し、ランニング時のパワー(W)を計測できる画期的なデバイスです。

パワートレーニング for RUNNING

一歩一歩のストライドにかかるパワーを様々な角度から測定することで、世界で初めてランニングの「効率」を計測し、最適なランニング強度の設定を環境に合わせてコントロールすることが可能になります。従来の心拍数だけを元にしたトレーニング管理に比べて、環境の変化や、筋疲労に影響されて変化する数値だけではなく、安定した「出力」を管理できるので、より効率の良いトレーニングが可能になります。

RUNNING ECONOMY (効率)

パワー発揮の変化を記録し、分析することでランニングの「効率」、つまり「ランニング・エコノミー」を測ることができます。エリート・エンデュランススポーツの世界では、ランニングエコノミーを管理することがランニングのパフォーマンスを推測するもっとも正確な手段だと言われています。

STRYDから得られるその他のデータ

Leg Spring Stiffness:  一歩一歩の反射能力

この数値が低いと筋に対する負担が大きく、腱反射が上手に使えていない事がわかります。

Ground Time:  足部接地時間

150ms〜300msが推奨されています。

Vertical Oscillation:  体全体の上下動の幅

8cm〜14cmが推奨されています。

8cm以下の場合、Leg Stiffnessが低く、接地時間が長傾向があります。14cm以上の場合、オーバーストライドの傾向があります。

Cadence (SPM): 1分間の歩数

現在の研究では175SPM〜185SPMが推奨されていますが、エリートアスリートのようにスピードが増すと200SPMを超えるCadenceになる場合があります。

 

STRYDパワーメーター (¥28、000)

お問い合わせ先 TEL:050-1229-1339

 

6月17日に以下の時間帯で説明会を行います。事前にご予約ください:

「STRYD」パワーメーター販売開始!
6月17日(土曜日)

販売説明会
11:00 募集人数 5人
14:00 募集人数 5人
20:00 募集人数 5人

場所:TREATトレーニング
*お問い合わせ
STRIDE Lab / ストライド ラボ

〒206-0002
東京都多摩市一ノ宮2-19-1 カリアンドラII 1F

TEL:050-1229-1339
MAIL:info@stridelab.jp

PROTEC ブリスタープロテクター

ハイカーもランナーも必ず一度は経験したことのある「マメ」「靴擦れ」「ウオノメ」

一度痛くなると動き続けるのは極めて困難になります。

硬い登山靴で歩く時、濡れたシューズで走り続けるトレイルランニング、雨でも走り続けるロードマラソン。それぞれマメや靴擦れの危険性が増します。

マメや靴擦れの原因の多くは「皮膚の表面温度が上がる」事。靴の中で足が動いたり、水分を含んだシューズ、ソックスで動き続けるなど、様々なことが影響して足の問題を発生させます。

この「ブリスタープロテクター」は特に摩擦が発生する場所に貼ることで、パッチの中のジェルが摩擦係数を激減させてくれます。痛みが出る前に木になる部分に貼っておくことをお勧めしますが、痛み始めてからでも痛みを和らげてくれる効果があります。

 

マメ予防
ジェル入りのパッチが8個。足だけでなく、胸のスレにも効果があります。
液体の入ったパッチ。厚みが最小限にデザインされているので、シューズのサイズ感もそこまで変わることはありません。
液体の入ったパッチ。厚みが最小限にデザインされているので、シューズのサイズ感もそこまで変わることはありません。

Protec(プロテック)製品入荷!

アメリカのProtec Athletic ブランドの商品が入荷しました。

いくつか商品がありますが、まずはブランドの説明から。

1991年にロサンゼルスで創業。元バレーボール選手のジェフ・ロジャース氏が膝の怪我を予防するためのパテラ・ブレイスを開発し、バレーボール選手たちに使ってもらい、広まりました。今ではランニング、アウトドア業界では欠かせない「リカバリー」のスペシャルブランドとなりました。

 

代表的なサポートアスリート

スコット・ジュレク(ウルトラ・ランナー)

scott-jurek-2014-nutrition

https://www.pro-tecathletics.com/Recovery/Nutrition

クリッシー・モール(ウルトラ・ランナー)

600600p548ednmain4krissy-foam

https://www.pro-tecathletics.com/Blog/ArtMID/548/ArticleID/4/Downtime-and-What-Brings-it-Up

 

それぞれの商品紹介:

 

プロテックの代表的アイテム

「ITバンド」ストラップ

ー腸頸靱帯炎の原因は様々言われておりますが、最も重要なのは原因を探ってそれを改善する事です。多くの場合で走り方(ランニングフォーム)を改善することで痛みがなくなることが多いです。しかしながら走っている最中に痛くなると、それからの一歩一歩は地獄です。

そのような時に活躍するのが「サポーター」です。サポーターは決して「治す」ものではないですが、痛くてもう誤かけれないけないシチュエーションではとても頼りになるアイテムになります。

もちろん原因を特定して改善することで、「生涯スポーツ」を痛みなく楽しむことができるようなるので、できるだけ頼らないようにしましょう。

でも、一つ持っておくととっても安心します!

 

IT BAND
プロテック社の代表的アイテム「ITバンド」。腸頸靱帯炎で悩んでいる方のためのサポーター
ITバンド
服の上からも装着できるので、アクティビティーの途中で痛みが出た時に服を脱がずにすぐに対応できます
ITバンド 内側
硬めのパーツを膝の外側の少し上に当てるように装着することで、筋膜のブレを抑制します

 

ゆうこ選手のランニング教室Lesson19〜ヒルトレ〜

今日はヒルトレと題して、STRIDE LAB周辺の坂巡りしました!!

坂道は腰が落ちたり、反ったりしてしまいがち。

とくにレース後半は疲れてしまって坂道のあとの平坦に対応出来なかったりします。

そういった事を防ぐ為のトレーニングを行なってから、STRIDE LABのある聖蹟桜ヶ丘の坂巡り!!

みんなで走ると、坂も坂に感じなかったはずです(笑)

トレイルランニングはもちろん坂が多いですが、ロードも坂がある所が多いのでで坂道をあえて選んで走る事も必要です。

近くの坂道をお試しあれ(笑)!!

 

IMG_3967

 

IMG_3966

ゆうこ選手のランニング教室Lesson18〜裏山トレイル〜

今日のゆうこ練は裏山トレイルへ!!

の前に(笑)、寒さで固まった 身体を、ストレッチとドリルで動かしてからトレイルに入りました!

ロードとは違い横の動きや瞬間的な足の切り替えが必要なトレイル前にドリルを行い、身体がスムーズに動くようにしましょう(*´-`)

裏山は多摩丘陵の一部分で色んな表情を見せてくれるトレイルでした♫

フカフカトレイルも竹林も急登もまるで斑尾も(笑)ありました!!

気になる方はまたの機会にご参加ください!!

今日もありがとうございましたヽ(*´∀`)

IMG_0096

 

ゆうこ選手のランニング教室Lesson16&17〜LUNAsandals&ロングインターバル〜

先週は新年1発目の練習会で冬だけどLUNAsandalsでドリルとJogを。今週はロングインターバルという事で、1000mのインターバルを行いました!!

 

先週は芝の上に霜が降りてる状態だったので、LUNAsandalsでのランニングドリル中は足が赤くなるほど冷えていました(笑)

LUNAsandalsはシューズと違い、もちろんクッションやアッパーがないのでその人本来の走りの癖が浮き彫りとなります。

設置位置が身体の前になってしまえば、鼻緒部分が痛くなるし、体重移動がスムーズでなければ脹脛が張ってしまいます。

冬場のLUNAsandalshは確かに寒いのですが、自分の癖を見直すチャンスです!!

IMG_3871

 

今週はロングインターバルで1000m×5本!!

4’00″/km(リカバリー1’00″)と3’30″/km(リカバリー1’30″)のペースに分かれて、ゴールが一緒になるように3’30/kmの方は30秒遅れでスタート。

4’00″組は余裕があったので、最後はみんなで3’30″ペースでスタートしゴールタイムは3’25″でした٩( ᐛ )و

ロングインターバルはとくに後半にかけて乳酸が溜まりやすく抜けにくい状態になります。乳酸除去能力を上げる為に取り入れて欲しいなと思います!!

 

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!!

今年もゆうこ練、宜しくお願い致します╰(*´︶`*)╯

IMG_5938

IMG_5942

IMG_5939

 

Provision 3.0 新登場!

Provision 3.0 新登場!

ウォーキング、ランニングで人気の高いプロビジョンがアップデートされて、Provision3.0として新入荷してきました!

見た目はそんなに変わっていないように見えますが、ものすごく変わりました。

まずはアウトソールパターン:

ー内側、外側の張り出し部分が少し緩やかになり、パラダイムのようなパターンに

img_3168

 

プロビジョンとパラダイムの比較(同じサイズ)

パターンはこの二つのシューズでそっくりのパターンになり、さらなる安定性のためにラバーを全面に貼り、ブレて欲しくない部分には硬いラバーを貼りました。

img_3175

最も違うのが安定性を出すための方法

スタビリティーポッドというアウトソールを使った安定方法から、パラダイムで大変高い評価をいただいた「ガイドレール方式」に変わりました。

これは、かかと部分の内側にサポートを入れることで足部接地時の安定性を自然な形で出せるようにしたものです。

img_31662

実際にウォーキングやウルトラランニングのユーザー様たちからいただいたパラダイムの高い安定性に対する信頼度をこのプロビジョンにも採用しました。

 

実際に走ってみるとアーチの下からサポートされるような感覚もありますが、足が地面から離れる時の「トゥーオフ時」の安定性も感じることができます。

クッション性はパラダイムに比べてプロビジョンの方がダイレクトに感じれるくらいの程よいミッドソールの厚みなので、より多くのユーザーに受け入れられやすいランニングシューズと言えます。

img_3177

img_3178

 

特徴は:

ヒールストライクが強くなるウォーキングでも安定感があり、ウルトラマラソンのようなロングレースでの足部疲労時の安定性確保にも使える、最強の「スタビリティーシューズ」と言えるかもしれません。

 

男性用

http://mfxtreme.shop-pro.jp/?pid=111587835

女性用

http://mfxtreme.shop-pro.jp/?pid=111587845

ゆうこ選手のランニング教室 Lesson15〜ラダートレーニング&ビルドアップ〜

今年最後のゆうこ練はラダートレーニングとビルドアップを行いました!!

ラダートレーニングで脳から下肢への神経伝達をスムーズに行う練習をして、ランニングエコノミーを高くするのが目的です!

ラダーをわざわざ買わなくても、ラインを引けばどこでも出来るのでお手軽です♪

 

ビルドアップは10キロを5’40″〜あげていき最後は5分切りでfinish(๑•̀ •́)و✧

今年最後のゆうこ練もキツ楽しく終われたようです!笑

 

これからも色んな情報を発信していきたいと思いますので、気軽にご参加下さい!!

来年もよろしくお願いします( ̄^ ̄)ゞ

cad6ef52-512c-4ce9-9c86-b2af4b195088

 

ゆうこ選手のランニング教室 Lesson14〜ストレッチ&Jog〜

久々のゆうこ練はストレッチ&Jog!!

今更ストレッチ??って思った方も多いと思いますが、ストレッチと一言で言っても種類は様々。

時と場合で選ぶストレッチも違います。

今日はランニング前にダイナミックストレッチをやってからJogへ!!

ダイナミックストレッチを使って動きの中で関節の可動域をだし、筋肉の収縮をだした方が練習やレース前には効果的ですよ(*´꒳`*)

ストレッチの用法用量は的確に!!

 

img_2962

 

ゆうこ選手のランニング教室Lesson12〜フォームチェック〜

第12回目のゆうこ練(鴨井練)はサーキットトレーニングの予定でしたが、参加者が少なかったので普段は出来ないパーソナルトレーニングでフォームチェックを行いました!!

トレッドミル上でいつも走っているフォームを撮り、トレッドミル上で足関節からの前傾や地面に力を伝えるようなドリルをしてフォームに変化をだしてから再度撮影。

ポイントをおさえれば、数分でフォームが変化します。

撮影すると変化が目に見えるので効果を実感出来ますね!!

今日もありがとうございましたヽ(*´∀`)

※動画→左after  右before