2018年10月の予定

どーも店長です。

10月の予定をお知らせいたします。

営業時間
平日 15:00〜20:00
休日 11:00〜19:00
定休日 月・木
営業日は以下の通りです(土日祝が赤字)

イベント予定は随時更新予定

10/1  定休日
10/2  通常営業
10/3  通常営業(水曜ナイトラン)
10/4  定休日
10/5  通常営業
10/6  通常営業(初心者トレイルイベント予定)
10/7  臨時休業(イベント出張のため)
10/8  祝日短縮営業(13:00〜17:00)
10/9  通常営業
10/10   通常営業(水曜ナイトラン)
10/11   定休日
10/12   通常営業
10/13   通常営業(夕子練〜Lesson51ファンラン〜)
10/14   通常営業(むーちょ練〜ランナーのための自重トレーニング〜)
10/15   定休日
10/16       通常営業
10/17   通常営業(水曜ナイトラン)
10/18   定休日
10/19   通常営業
10/20   通常営業(夕子練〜Lesson52 12kmペース走5:00/km〜
10/21   通常営業(イベントは都合によりお休み)
10/22   定休日
10/23   通常営業
10/24   通常営業(水曜ナイトラン)
10/25   定休日
10/26   通常営業
10/27   臨時休業(味スタ6耐出店)
10/28   16時まで短縮営業(副店長のLSD)
10/29   定休日
10/30   通常営業
10/31   通常営業(水曜ナイトラン)

※水曜ナイトランは20:15にお店を走り出せる格好で集合、約5kmほどみんなで走ります。着替えはお店のトイレでよければ可能です(無料)
※イベント情報はFacebookでアップ次第リンクしていきます
※STRIDE LABレース出店情報
10月27日 味スタ6耐
10月28日 宇都宮トレイルラン

 

ただいま、LINE@お友達クーポン配布中

LINE@登録フォームからお得なクーポンをゲット⭐️
※下記のフォームへスマートフォンでアクセスしてください
https://line.me/R/ti/p/%40lbq2010w

※合わせて読みたい記事
2018年10月の予定
武尊120 大会の完走とカラダの準備
ボンキングとファットアダプテーション
PARADUGM4.0入荷しました
おやすみは八ヶ岳へ
武尊120へ向けて準備中
ALTRA TIME TRIALが開催されました
2018年9月の予定
LINE@でオンラインでも使えるクーポン配布中
LINE@はじめました
2018年8月の予定
TORIN KNIT3.5でウルトラマラソン走ってみた
日光ウルトラマラソン走ってきました
8/4開催  ALTRA TIME TRIAL SERIES東京大会
ファットアダプテーションの実践
ルナサンダルの履き分けとサイズ感について
ルナサンダル入荷しました
ファットアダプテーションについて
Teton Bros.のTシャツはここがいい
山の補給学
UTMF前に確認しておきたい装備(防寒対策)
ヘッドライトで迷ったらPETZL NAO+
ウルトラで選ばれてるシューズランキング
Teton Bros.スクランブリングショーツ
居住性を追求した山岳テントCHINOOK 2P
gleg socks入荷しました
drymax socksは普通の靴下と全然違う
Dry Actionという技術
Wind River Hoody入荷のお知らせ
・Wind River Hoodyが最高なワケ
もはやお宝?Race Readyのパンツ
日本規格で作り直したこだわりのINSTINCT EVERYDAY
ナチュラルランニングと革靴
日常でもゼロドロップシューズが良いわけ
ALTRAとクッション
ALTRAと走り方
ALTRAの何がいいかわからず履いている方へ
ALTRA ESCALANTE BOSTON RACER
ALTRA厚底ロードシューズ比較してみました
ALTRAシューズのサイズ感について
走るために生まれた「ルナサンダル」とは
いわゆる自然な走り方について
ALTRA 朝1番に履きたいシューズランキング
ALTRA LONEPEAK3.5はトレイルとロードのバランスが神

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

STRIDE LAB

東京都多摩市一ノ宮2-19-1

050-1229-1339

Mail:info@stridelab.jp

ONLINE SHOP:http://mfxtreme.shop-pro.jp/

10月の予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

武尊120 大会の感想とカラダの準備

どーも店長です。

上州武尊スカイビュートレイル120

無事に完走してきました。
このレースは昨年第5エイドでトレイルレース初めてのリタイアをしてしまった大会でした、今年はなんとか完走しなければ・・

そんなこんなで、
1:大会の感想
2:カラダの準備
3:道具の準備
といった感じで書いていこうと思います。

 

1:大会の感想
一般の人が出られるレースでは国内でも1番厳しいと言われることもある武尊120。

◆ 距離: 約129km
◆ 累積標高差: 約9,200m以上
◆ 制限時間: 35時間

 

前半2つの山(剣ヶ峰と武尊山)が大きな難関で、登りは歩き続けるのがやっと、武尊山の中腹では両足の前腿が攣ってしまい、前に進むのもままならない時間帯もありました。

これらの山を超えると、次はスキー場のゲレンデをひたすら登り返すコース。登りはリズムを掴めば進めるけれど下りの足へのダメージは想定外に大きいかった。

第5エイド(約80km地点)までは、大体エイドは2〜3分で出発していたと思います。

 

第5エイドには大好きなカレーがあり笑、ここは小休止でTシャツやソックス、シューズ、サンバイザーなどを交換。ここから使えるポールを準備して、補給食をちょっとプラスして、水をフラスコに入れて、SNSを更新しながらカレーを食べて、知り合いからこの先のコースの状況を聞いて、友達に電話をかけてようやく出発。約15分くらいお休みしました。

 

第5エイドに到着するちょっと前から再び両足の前腿が痙攣し始めたので、とにかく完走だけを目指して進み始めたのですが、ポールを使って走り出すと、足への負荷が軽減し、それまで歩いていた登りも走れるくらいに回復。

第5エイド以降は快調に走れるところは走れたので、結果的には45位→21位と大幅に順位を上げてゴールができました。
前半の武尊山では絶望感のある登りで心が折れまくりましたが、最後まで元気に走ってゴールできたことは、昨年のリタイアとは比べものにならないくらい嬉しかったです。

 

 

 

2:カラダの準備

今回走り終わったあとに1番言われたのが
「店長そんなに速かったんですね笑」
そこそこぽっちゃりなので、どんな印象だったかは
想像に易いものですね。まぁいーんですよどうせ。

まぁ上を見ればキリがないんですが、
速くなるようなトレーニングは殆どやっていません。

 

カラダの準備は以下のとおりです

・週に1度のキロ4友の会
→朝7時から週に1度4:00/kmで8km走る
・走らない日を減らす
ジョグでも毎日走る
・8月以降、山には3回しか行っていない
→長時間行動は八ヶ岳で9時間が最長
→7月より前も殆ど行ってません
体の使い方を確認する
・前日の酸素カプセル
・体重は特に落とす努力をしない

店長の大したことがない走力で、大した努力もせずに、上手く走り切れた要因は赤字の2つかなと自覚しています。

 

ジョグでも毎日走ること

体の使い方を確認すること

 

とりわけ2つ目の体の使い方

山にも行かずに走り続ける上で、重要だと思ったのは、体重を乗せる位置のコントロールと、ポールを使って走る時の上半身の強度。。。

特に体重を乗せる位置は、自分の感覚でやるのは難しいのでお隣のTREATさんで教えてもらったことを、週に1、2回確認してやっていました。テキストで書く自身がないので、体重の乗せる位置や上手にカラダを使いたい方は、ぜひTREATさんに聞いてみてください。大して走っていなくてもパフォーマンスが上がったのは事実です。

上半身の強度アップには、2、3日に1度、懸垂をやりました。

ポールが地面についた時の衝撃を受け止めたり、ポールでぐんぐん前に体重を押し込んだりする時に使う筋力、9時間近くポールを持って腕をふり続ける時に姿勢を維持する体幹の力、それらを全部1度にトレーニングするのに、短い時間でやれる懸垂を選びました。

たまに遊びに来てくれる北京五輪5000/10,000m代表だった竹澤健介さんも、現役の時はよくトレーニングに懸垂をやっていたと言っていました。取り組める人はぜひ取り組んでみてください。

3:道具の準備

ちょっと長くなってしまったのでまた次回書きます♫

 

ただいま、LINE@お友達クーポン配布中

LINE@登録フォームからお得なクーポンをゲット⭐️
※下記のフォームへスマートフォンでアクセスしてください
https://line.me/R/ti/p/%40lbq2010w

※合わせて読みたい記事
ボンキングとファットアダプテーション
PARADUGM4.0入荷しました
おやすみは八ヶ岳へ
武尊120へ向けて準備中
ALTRA TIME TRIALが開催されました
2018年9月の予定
LINE@でオンラインでも使えるクーポン配布中
LINE@はじめました
2018年8月の予定
TORIN KNIT3.5でウルトラマラソン走ってみた
日光ウルトラマラソン走ってきました
8/4開催  ALTRA TIME TRIAL SERIES東京大会
ファットアダプテーションの実践
ルナサンダルの履き分けとサイズ感について
ルナサンダル入荷しました
ファットアダプテーションについて
Teton Bros.のTシャツはここがいい
山の補給学
UTMF前に確認しておきたい装備(防寒対策)
ヘッドライトで迷ったらPETZL NAO+
ウルトラで選ばれてるシューズランキング
Teton Bros.スクランブリングショーツ
居住性を追求した山岳テントCHINOOK 2P
gleg socks入荷しました
drymax socksは普通の靴下と全然違う
Dry Actionという技術
Wind River Hoody入荷のお知らせ
・Wind River Hoodyが最高なワケ
もはやお宝?Race Readyのパンツ
日本規格で作り直したこだわりのINSTINCT EVERYDAY
ナチュラルランニングと革靴
日常でもゼロドロップシューズが良いわけ
ALTRAとクッション
ALTRAと走り方
ALTRAの何がいいかわからず履いている方へ
ALTRA ESCALANTE BOSTON RACER
ALTRA厚底ロードシューズ比較してみました
ALTRAシューズのサイズ感について
走るために生まれた「ルナサンダル」とは
いわゆる自然な走り方について
ALTRA 朝1番に履きたいシューズランキング
ALTRA LONEPEAK3.5はトレイルとロードのバランスが神

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

STRIDE LAB

東京都多摩市一ノ宮2-19-1

050-1229-1339

Mail:info@stridelab.jp

ONLINE SHOP:http://mfxtreme.shop-pro.jp/

9月の予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ボンキング」と「ファットアダプテーション

ご無沙汰しております。 「副店長」です。

久々の投稿は「ボンキング(Bonking)」について!

ボンキングとはエネルギーが枯渇して、無力感を感じる状態をあらわす言葉で、英語圏では一般的に使われている表現です*

 

ロングレースだけでなく、様々な場面で感じる

 

「エネルギーの枯渇」

 

「ハンガーノック」や「シャリバテ」など、様々な言葉で表現されていますが、それぞれの症状が固有のものであったとしても

要するに

「枯渇」=「ボンキング」

 

であることは共通していると思います。

 

前に説明したとおり、どんな人でも体脂肪として多くのエネルギーを蓄積できているはずなのに、どうして「ボンキング(枯渇)」が起こるのでしょうか?

 

実際に身体の中では以下のことが起こります:

運動 = エネルギー消費

血中ブドウ糖レベルの減少 → 「枯渇」

グリコーゲンの分解 → 「枯渇」

エネルギー補給

ボンキング(枯渇)」

普段から脂質をエネルギーに変える能力をつけていない人の場合、上記のようにグリコーゲンが枯渇したあと、エネルギー補給と「ボンキング(枯渇)」のループを繰り返すしかありません。

「FAT ADAPTATION」を普段から行うことで、以下のような代謝能力をつけることができ、安定したエネルギーの供給を続けることができるようになります。

運動 = エネルギー消費

血中ブドウ糖の減少 → 「枯渇」

グリコーゲンの分解 → 「枯渇」

脂肪の分解 → ケトン体の供給

**

眠気や無力感など、「ボンキング」の典型的な症状は「脳」が利用するエネルギーが減少してきて、脳の活性が落ちることで得られる感覚だと言われています。

一般的な知識として:

「脳のエネルギーはブドウ糖からしか得ることができない」

と言われてきましたが、実際には以下の研究データのように、脳のエネルギーの多くは「ブドウ糖以外からも得ることができる」事がわかってきています。

その「ブドウ糖以外のエネルギー」とは:

「ケトン体」

=体脂肪が分解されて出来る物質

 

普段の食事を変えることで、安定したエネルギーを脳に届けることが出来るようになることで:

普段の仕事も、長時間の運動でも、「ボンキング」を予防することができ、高いパフォーマンスを継続できるようになります。

 

「FAT ADAPTATION」は仕事の効率も向上してくれるかもしれません。

 

 

PARADIGM4.0(パラダイム4.0) 入荷しました

どーも店長です。

ALTRAのロードシューズの中で最もクッションが厚く、耐久性にも優れたPARADIGM4.0がいよいよリリースとなりました⭐️PARADIGMは毎年すごく人気のモデルで、発売開始から大体3ヶ月前後でこの2年間売り切れが続いています。

ここではアップデートしたポイントと、それによってどう変わったか、またどんな人におすすめか・・・といったことを書いていきたいと思います。

PARADIGM4.0の大きなアップデート

1、ミッドソール(クッション部分)が耐久性が高く高反発のウレタン系の素材『ALTRA EGO』に

→クッショニングを得意とするEVA素材から、クッション後に元の形に戻ろうとすることを得意とするウレタン系の素材に変更になったことにより、ヘタレにくく耐久性がアップしました。
また、これまでよりもより反発が出るので、クッション性は欲しいけれど、地面からの反発も受けたい、そんなわがままなランナーぴったりです。

2、アッパー素材がメッシュ素材からエンジニアードニットに

→シューズのアッパー素材がニット素材になっているのは、トレンドと言っていいでしょう。最近ではサッカーのスパイクですら革素材がニット素材になったりと、フィット感と履き心地の両面で、広く受け入れられています。
ニット素材になって通気性を心配される方もいるかもしれませんが、前足部は粗めで強く織られているため、通気性に関しては、今まで以上に上がっているかもしれません。

3、アウトソール(靴底)のラバーが一部から全貼りに

→アウトソールはランニングシューズの場合、軽量化のためにラバーを減らす傾向にあり、特に軽量のシューズ(ALTRAで言えばVANISHやONEなど)はラバーをほとんど貼っていないんですが、今回のPARADIGMはアウトソールが全部ラバー貼りになりました。
ALTRAのロードシューズの中では、アウトソールは1番か2番めくらいに硬いモデルとなります。

これによって、多少の重さは出るものの、耐久性が上がったり、不安定な路面を走るときなどには安定性が出たりと、メリットの方が多いと思います。

人によってはこのPARADIGMシリーズは立ち仕事をする方に好んで履いていただいて、重たいものを持つときなどは、多少ソールが固めの方が踏ん張りが効いたり、疲れにくいことから、酒屋さんや郵便局の内勤の時などに履いたりするとの声も聞かれます。

ここまでアップデートについて詳しく書いてきましたが、ここからはその他の機能や、どんな人におすすめかを書いていきます。

PARADIGMの大きな機能としては、『クッション性』に目がいきがちですが、実は『安定性』の方が大きな機能かもしれません。
ここでいう安定性とは、足が地面に着いた時の安定性と、足が地面から離れていく時の安定性の2つをお話します。

画像にあるように、PARADIGM4.0のこのカラーは、アウトソールとミッドソールの中間くらいに3つの青い箇所があります。
具体的に言うと、かかとの内側と、拇指球のあたりと小指球のあたりの合計3箇所。これらはスタビリティポッドと呼ばれ、着地のプロネーションがが強めな方に安定感をもたらすと共に、足が地面から離れる時の筋の捻れのようなもの(レイトステージプロネーション)抑えてくれます。

また、ガイドレールと呼ばれるかかとの内側に内臓されたパーツは、オーバープロネーションを起こしにくい作りになっています。
難しい書き方をしてしまいましたが、一言で言えば『ぶれにくくて安定感がある』シューズなのです。

おすすめのユーザー1:ロングウォーカー
九州では100kmウォークが盛んで、そこではALTRA(しかもPARADIGM)がかなり人気なんです。特にウォーキングはランニングと違い、かかとから地面に着き、地面に足が着いている時間も長い動作になります、足関節が不安定な方は疲れやすかったり、痛めやすいところ、ソールの硬さやクッション性に加えて安定性の高いPARADIGMの機能はゴールへ導くのに重要な役割をしています。

 

おすすめユーザー2:ロードもトレイルも1足で行きたいランナー
こんな書き方するのもどうかと思いますが、

ロードもトレイルもどっちも行けるのありますか?

っていう質問はよく受けます。
どんなシューズでもどっちも行けるとは思いつつも、いかに快適に、そして長持ちさせるを考えれば、ロードシューズとトレイルシューズは履き分るのがベター。しかしながらどうしても1足でなんとかしたいという『わがまま』なあなたにはこちらの1足がおすすめです。

実際にUTMFの上位に食い込むような選手もPARADIGMを使っていますし、山梨は甲府エリアなんかは街と山の距離がすごく近いために、どっちも行けちゃうシューズというのが求められていたりして、その筆頭になるのがPARADIGMになります。

もちろんメーカーや小売店の立場から言えば、もともとはロードシューズなので、トレイルで使って壊れたって言われても、対応には困ります。なので、全て甘んじて受け入れる気持ちを持てるのであれば、1足で両方行っちゃってもいいと思います。

 

おすすめユーザー3:ウルトラランナー

もちろんウルトラマラソンに限りませんが、ウルトラマラソンのように長い距離でクッション性が高いシューズを求める方の中で、ある程度のスピードを維持したい方には、PARADIGMをおすすめしたいです。

店長も先日TORIN3.5KNITで日光ウルトラマラソンを走りましたが、クッション性がとてもよく、足のダメージも少なく走りきれましたが、欲を言えばもう少し速く走りたかったなぁと。シューズで変わるパフォーマンスは数%だと思いますが、仮に100km走るとしたら100,000歩くらいは着地するので、数%を大事にしたいなぁと思うと、もう少しだけアウトソールが固めなPARADIGMでも走ってみたかったな〜という気持ちにはなります。。。

 

最後に気になるサイズ感ですが、通常のALTRAシューズのサイズ感より微妙に大きいです。立ち仕事した夕方に履いた時はサイズ感変えなくていいかなと思ったのですが、朝履いたらサイズ下げてもいいかもと思ったくらいの微妙なサイズ感。
0.5cm変える必要があるかと聞かれたら、長い距離走るなら通常通り履いた方が無難かなというくらいのサイズ。短い距離しか履かないのであれば0.5cm小さいシューズを選ぶ方もきっと多いかと思います。。・

 

とってもとっても長くなってしまい、気がつけば2,500時を超えてしまいましたが笑、PARADIGM4.0とってもおすすめですよ。

ご購入はこちらから
http://shop.stridelab.jp/?pid=134852770

 

ただいま、LINE@お友達クーポン配布中

LINE@登録フォームからお得なクーポンをゲット⭐️
※下記のフォームへスマートフォンでアクセスしてください
https://line.me/R/ti/p/%40lbq2010w

※合わせて読みたい記事
おやすみは八ヶ岳へ
武尊120へ向けて準備中
ALTRA TIME TRIALが開催されました
2018年9月の予定
LINE@でオンラインでも使えるクーポン配布中
LINE@はじめました
2018年8月の予定
TORIN KNIT3.5でウルトラマラソン走ってみた
日光ウルトラマラソン走ってきました
8/4開催  ALTRA TIME TRIAL SERIES東京大会
ファットアダプテーションの実践
ルナサンダルの履き分けとサイズ感について
ルナサンダル入荷しました
ファットアダプテーションについて
Teton Bros.のTシャツはここがいい
山の補給学
UTMF前に確認しておきたい装備(防寒対策)
ヘッドライトで迷ったらPETZL NAO+
ウルトラで選ばれてるシューズランキング
Teton Bros.スクランブリングショーツ
居住性を追求した山岳テントCHINOOK 2P
gleg socks入荷しました
drymax socksは普通の靴下と全然違う
Dry Actionという技術
Wind River Hoody入荷のお知らせ
・Wind River Hoodyが最高なワケ
もはやお宝?Race Readyのパンツ
日本規格で作り直したこだわりのINSTINCT EVERYDAY
ナチュラルランニングと革靴
日常でもゼロドロップシューズが良いわけ
ALTRAとクッション
ALTRAと走り方
ALTRAの何がいいかわからず履いている方へ
ALTRA ESCALANTE BOSTON RACER
ALTRA厚底ロードシューズ比較してみました
ALTRAシューズのサイズ感について
走るために生まれた「ルナサンダル」とは
いわゆる自然な走り方について
ALTRA 朝1番に履きたいシューズランキング
ALTRA LONEPEAK3.5はトレイルとロードのバランスが神

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

STRIDE LAB

東京都多摩市一ノ宮2-19-1

050-1229-1339

Mail:info@stridelab.jp

ONLINE SHOP:http://mfxtreme.shop-pro.jp/

9月の予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おやすみは八ヶ岳へ

どーも店長です。

一昨日はお休みいただいて、八ヶ岳に行っておりました♫
上州武尊スカイビュートレイル120まで3週間を切ったタイミングで、長時間行動を目的として遊びに行きました。

今回は美濃戸口から赤岳〜横岳〜硫黄岳〜夏沢峠〜箕冠山〜オーレン小屋〜赤岩の頭〜赤岳鉱泉〜美濃戸口へとラウンドしてきました。

今回テストしたのは新商品のLONEPEAK4.0(写真撮り忘れたorz)と、Black DiamondのDistance Carbon Z(トレランポール)です。

通常であればのんびり贅沢にトレッキングがしたいところですが、店長も一応レースが控えているということで、赤岳まではちょっと頑張って走りました。コースタイム5時間20分の道のりを2時間30分弱で山頂まで行きましたヨ。

標高も高いしそれなりに心拍も上がりましたが、足の負担のないことこの上ない。もともとDistance Carbon Zは使っていたので、改めてここで書くことかとも思いますが、ポールがあるのとないのでは、三振狙って投げるピッチャーと、打たせて取るピッチャーくらい燃費に差がありますね。

野球で言うなら則本と岩隈くらい違いますね。
この辺は伝わらないかもしれませんので、スルーしていただいて結構です。

車で言うなら両手両足使えるので、電気とガソリンを使う代名詞プリウスと、ダンプカーくらい違いますか。
これは言い過ぎました。

わかる人だけ野球の方で感じてください。

Distance Carbon Zは、使い勝手がとてもよく、ポール技術が低い店長が岩の隙間にブスッと挿して変に力がかかっても、壊れる様子もなく頑丈で、とっても軽い。手首も動かしやすいので下りの時の操作も簡単です。

お店でも取り扱いがありますので、ぜひご相談ください。

 

そうそう、天気は赤岳山頂までは小雨と、風そこそこ強く、山頂付近は突風でした。が、そんな時はTeton Bros.のWind River Hoodyを着ていたので、ガシガシ走って火照る体と、標高が上がってひんやり冷たい空気や、山頂付近で吹く突風もちょうどよくコントロールしてくれました。

読んでない人はコチラを合わせて読みましょう
Wind River Hoodyが最高なワケ

赤岳過ぎれば一転、穏やかな秋晴れに。

本日Womensだけ入荷したLONEPEAK4.0については、長くなりそうなので、またの機会に書きますね⭐️

ただいま、LINE@お友達クーポン配布中

LINE@登録フォームからお得なクーポンをゲット⭐️
※下記のフォームへスマートフォンでアクセスしてください
https://line.me/R/ti/p/%40lbq2010w

※合わせて読みたい記事
武尊120へ向けて準備中
ALTRA TIME TRIALが開催されました
2018年9月の予定
LINE@でオンラインでも使えるクーポン配布中
LINE@はじめました
2018年8月の予定
TORIN KNIT3.5でウルトラマラソン走ってみた
日光ウルトラマラソン走ってきました
8/4開催  ALTRA TIME TRIAL SERIES東京大会
ファットアダプテーションの実践
ルナサンダルの履き分けとサイズ感について
ルナサンダル入荷しました
ファットアダプテーションについて
Teton Bros.のTシャツはここがいい
山の補給学
UTMF前に確認しておきたい装備(防寒対策)
ヘッドライトで迷ったらPETZL NAO+
ウルトラで選ばれてるシューズランキング
Teton Bros.スクランブリングショーツ
居住性を追求した山岳テントCHINOOK 2P
gleg socks入荷しました
drymax socksは普通の靴下と全然違う
Dry Actionという技術
Wind River Hoody入荷のお知らせ
・Wind River Hoodyが最高なワケ
もはやお宝?Race Readyのパンツ
日本規格で作り直したこだわりのINSTINCT EVERYDAY
ナチュラルランニングと革靴
日常でもゼロドロップシューズが良いわけ
ALTRAとクッション
ALTRAと走り方
ALTRAの何がいいかわからず履いている方へ
ALTRA ESCALANTE BOSTON RACER
ALTRA厚底ロードシューズ比較してみました
ALTRAシューズのサイズ感について
走るために生まれた「ルナサンダル」とは
いわゆる自然な走り方について
ALTRA 朝1番に履きたいシューズランキング
ALTRA LONEPEAK3.5はトレイルとロードのバランスが神

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

STRIDE LAB

東京都多摩市一ノ宮2-19-1

050-1229-1339

Mail:info@stridelab.jp

ONLINE SHOP:http://mfxtreme.shop-pro.jp/

9月の予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

武尊120へ向けて準備中。。。

どーも店長です。

9月23-24日に行われる上州武尊スカイビュートレイル120に向けて、ちょっとずつトレーニングをスタートしています。
→とりかかるの遅いよとか言わない。

上州武尊スカイビュートレイル120は、120といいつつ、
距離約129km、累積標高約9200m以上と
オフィシャルで発表されている山岳レースです。

昨年は前日に発熱したり、当日お腹壊したままスタートしたり、準備不足が酷く、80km過ぎでDNFしてしまった悔しいレースとなってしまいました。今年はそんな言い訳をしないように、しっかりと準備をして、とりあえず完走を目指したい。ということで、とりかかっています。

とはいえ、そんなに長い時間を練習に使う余裕もなく、なんとか効率的に練習しよう。世の中のほとんどの人は自分の時間と練習時間を天秤にかけながらやっていることでしょう。

最近のトレーニングはこんな感じです

週1     キロ4友の会(4:00/kmで8km)
週1〜2 高尾山(2時間弱)
週2〜3 60分jog
週2         懸垂+筋トレ
+お店のイベント

スピード練を週1回入れるだけでも、体の軽さは全然違うことを実感できるし、定期的なペース走はコンディションを確認するのにもすごくいい。懸垂は上半身の使い方を思い出すのに最適。

本当は長時間山で行動する練習がしたいですが、限られた時間でコツコツやってます。レースまであと3週間。
出られる方がいらっしゃったら声かけてください^^v

 
そして、道具のテストも始めてますヨ。
今日はナイトトレイルで1番パフォーマンスに響くヘッドライトについて書いていこうと思います。

いつもはPETZLのREACTIK+を使ってますが、昨日はこちら。
REACTIK+は光量が自動で必要なだけ切り替わることによって、バッテリーが長持ちする特徴と、バッテリーがその分小さくて済むので、バッテリー込みで115gとかなり軽量。
スマホアプリと連携することによってバッテリーの持ち時間などに合わせて光量が決められるのは、シーズンによって夜の長さが違ったりする時に、可能な限りの明るさを出力し続けられることがとても嬉しい。
頭を締め付けるヘッドバンド部分も簡単に長さを調節しやすいのも特徴。

 

一方milestoneのTrail Masterを使ってみての感想としては、光量が安定しているので、安定感と安心感があり、操作がとっても簡単なのが嬉しい。
REACTIK+と比べて、重量はバッテリー込みで約180gと大きな差があるように思えるが、クイックダイアルシステムと呼ばれるヘッドバンドの締め付けが数mm単位で簡単に調節でき、高いフィット感があるため65gの差は感じないほどだった。このクイックダイアルシステムは走りながらでも操作が簡単で、REACTIK+が両手必要なのに比べ、片手で簡単に調節できることもありがたい人は多いだろう。
そして、何と言っても霧対策としても使われるウォームカラーの光は目が疲れず、集中力を保つのにすごく効果的だった。

 

バッテリーや軽さ、細かい設定を好む方におすすめなREACTIK+と、安定感や利便性、わかりやすさ重視のトレイルマスターと言ったところでしょうか、一言でまとめることは難しいですが、大きくまとめるとそんな印象です。

スペック等はメーカーのページを覗けば載っていますので、それを参考にしていただけたらと思いますが、実際の使用感や空気感はぜひお問い合わせください。
現在、通常の通販には掲載されていませんが、メール等でのやりとりで販売したり、在庫の確認等ができます。

その際のお問い合わせ等は、店頭またはLINE@からお願いいたします。ただいまLINE@お友達登録クーポンを発行しています。

LINE@登録フォーム
※下記のフォームへスマートフォンでアクセスしてください
https://line.me/R/ti/p/%40lbq2010w

 

※合わせて読みたい記事
ALTRA TIME TRIALが開催されました
2018年9月の予定
LINE@でオンラインでも使えるクーポン配布中
LINE@はじめました
2018年8月の予定
TORIN KNIT3.5でウルトラマラソン走ってみた
日光ウルトラマラソン走ってきました
8/4開催  ALTRA TIME TRIAL SERIES東京大会
ファットアダプテーションの実践
ルナサンダルの履き分けとサイズ感について
ルナサンダル入荷しました
ファットアダプテーションについて
Teton Bros.のTシャツはここがいい
山の補給学
UTMF前に確認しておきたい装備(防寒対策)
ヘッドライトで迷ったらPETZL NAO+
ウルトラで選ばれてるシューズランキング
Teton Bros.スクランブリングショーツ
居住性を追求した山岳テントCHINOOK 2P
gleg socks入荷しました
drymax socksは普通の靴下と全然違う
Dry Actionという技術
Wind River Hoody入荷のお知らせ
・Wind River Hoodyが最高なワケ
もはやお宝?Race Readyのパンツ
日本規格で作り直したこだわりのINSTINCT EVERYDAY
ナチュラルランニングと革靴
日常でもゼロドロップシューズが良いわけ
ALTRAとクッション
ALTRAと走り方
ALTRAの何がいいかわからず履いている方へ
ALTRA ESCALANTE BOSTON RACER
ALTRA厚底ロードシューズ比較してみました
ALTRAシューズのサイズ感について
走るために生まれた「ルナサンダル」とは
いわゆる自然な走り方について
ALTRA 朝1番に履きたいシューズランキング
ALTRA LONEPEAK3.5はトレイルとロードのバランスが神

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

STRIDE LAB

東京都多摩市一ノ宮2-19-1

050-1229-1339

Mail:info@stridelab.jp

ONLINE SHOP:http://mfxtreme.shop-pro.jp/

9月の予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ALTRA TIME TRIAL2018が開催されました

どーも店長です。

8月はALTRA TIME TRIALにZERO LIMITS NIGHT NIKKOと、いつもよりちょっとだけ大きめのイベントを2つ作っていたので、お店のブログあまり更新できなくてすみません。。。

順番が前後してしまいましたが、ALTRA TIME TRIALの雰囲気をお伝えできればと思います⭐️

ALTRA TIME TRIAL in TOKYO 2018

開催日:2018年8月4日(土)
場所:味の素スタジアム西競技場
種目:5000m走
記録方式:チップ計測
開催時間:16:20 STRAT
ペースグループ:25ー30分・22分ー25分・20分ー22分・18分ー20分・15分ー18分

会場は味の素スタジアム西競技場
ロッカー付きの綺麗な競技場で、シャワーも完備されています。

まずは受付、Mag onやエネモチ、スポーツ麦茶、MCTゼリー・スーパークーリングタオルなどのお試し品がプレゼントされました。メーカーイベントのいいところはこういうちょっと嬉しいプレゼントが多いところ。

会場に入ると真っ先に目に飛び込んでくるのは、ALTRAの試し履きシューズ。VANISHやDUOなど、今年の一押しモデルを試しに履けるだけでなく、タイムトライアルでの使用も可能。

他にもGONTEXさんのテーピングを貼ってもらえたり、VITさんのフットケア用品を試せたり、普段あまり直接話すことができないメーカーの方から直接お話を聞くことができます。

いよいよ定刻。
まずは北京五輪5000m/10000m日本代表のレジェンド『竹澤健介』選手の「結果が出るウォーミングアップ」が行われました。

陸上ファン・箱根駅伝ファンにとってはたまらないレジェンドの登場とあって、レースが終わった参加者からは写真やサイン攻めにあってました笑

ALTRAアンバサダーのおふたりも楽しそうです

だて、いよいよタイムトライアルのスタート

記憶ではこの時34℃くらいあったと思います、本当に暑かった汗

あまりの暑さに水をかけないと危険なレベル

給水の渡し方もなるべく取りやすいように、スタッフが気遣ってくれました。ペーサーさん自ら給水係でやってくれていました。

↑黒すぎてわかりにくいですがチャンプさん

↓高岡さんの後ろは走りやすいと誰もが言います。自己ベストを出したランナーからは『ありがとう』の言葉が止まりません。

全力で走った後にはしっかりクールダウン。こういった光景もよく見られました。

竹澤選手の後ろを走った方からは、それだけで満足との声もよく聞かれました。

日本マラソンランキングでもエイジ別でトップを走る藤原商会の藤原岳久さんも駆けつけてペーサーを務めてくれました。とっても絵になりますね。

走ってるランナーだけでなく、レースが終わった人や、自分のレースを控えているランナーがみんな声援を送ってくれます、会場の雰囲気はスピードが上がるに連れてヒートアップしていくように感じました。

前半の3レースが終わると一旦休憩

後半4レースを走る選手に対してALTRAアンバサダーの高岡尚司選手、矢田夕子選手、TREATの矢田大さんによる「結果が出るウォーミングアップ」が行われました。

みんな真剣です

日も暮れていよいよ後半

スピードが上がり、男子しか走らないカテゴリーになりましたが、現在スカイランニングやVWC(階段レース)で活躍中の立石ゆうこさんがペーサーとして引っ張ってくれました。

いよいよ最終組

16分を切って走る選手も出てくると、ランニングフォームからスピードからもろもろ雰囲気が一変します。

ランニングクラブの合宿帰りに来てくれた幸一くんも、最終組で最後まで粘り強く走っていました。頑張ってますね。

最終周回の鐘が鳴ると、また一気にスイッチが入ったようにペースが上がり、自然と応援の声も大きくなりました。

 

こうして幕を閉じたALTRA TIME TRIAL  2018ですが、実は次回開催日が決まっています。

次回は2019年1月20日
@味の素スタジアム西競技場です

乞うご期待!!!

 

※合わせて読みたい記事
2018年9月の予定
LINE@でオンラインでも使えるクーポン配布中
LINE@はじめました
2018年8月の予定
TORIN KNIT3.5でウルトラマラソン走ってみた
日光ウルトラマラソン走ってきました
8/4開催  ALTRA TIME TRIAL SERIES東京大会
ファットアダプテーションの実践
ルナサンダルの履き分けとサイズ感について
ルナサンダル入荷しました
ファットアダプテーションについて
Teton Bros.のTシャツはここがいい
山の補給学
UTMF前に確認しておきたい装備(防寒対策)
ヘッドライトで迷ったらPETZL NAO+
ウルトラで選ばれてるシューズランキング
Teton Bros.スクランブリングショーツ
居住性を追求した山岳テントCHINOOK 2P
gleg socks入荷しました
drymax socksは普通の靴下と全然違う
Dry Actionという技術
Wind River Hoody入荷のお知らせ
・Wind River Hoodyが最高なワケ
もはやお宝?Race Readyのパンツ
日本規格で作り直したこだわりのINSTINCT EVERYDAY
ナチュラルランニングと革靴
日常でもゼロドロップシューズが良いわけ
ALTRAとクッション
ALTRAと走り方
ALTRAの何がいいかわからず履いている方へ
ALTRA ESCALANTE BOSTON RACER
ALTRA厚底ロードシューズ比較してみました
ALTRAシューズのサイズ感について
走るために生まれた「ルナサンダル」とは
いわゆる自然な走り方について
ALTRA 朝1番に履きたいシューズランキング
ALTRA LONEPEAK3.5はトレイルとロードのバランスが神

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

STRIDE LAB

東京都多摩市一ノ宮2-19-1

050-1229-1339

Mail:info@stridelab.jp

ONLINE SHOP:http://mfxtreme.shop-pro.jp/

8月の予定
9月の予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年9月の予定

どーも店長です。

9月の予定をお知らせいたします。

営業時間
平日 15:00〜20:00
休日 11:00〜19:00
定休日 月・木
営業日は以下の通りです(土日祝が赤字)

イベント予定は随時更新予定

9/1  通常営業(ジャビット練)
9/2  通常営業
9/3  定休日
9/4  通常営業
9/5  通常営業(水曜ナイトラン)
9/6  定休日
9/7  通常営業
9/8  通常営業(むーちょ練)
9/9  臨時休業(イベント出店のため)
9/10   定休日
9/11   通常営業
9/12   通常営業(水曜ナイトラン)
9/13   定休日
9/14   通常営業
9/15   通常営業(夕子練〜Lesson51〜)
9/16       臨時休業(イベントのため)
9/17   祝日臨時営業(ラダー+ジョグ4km)
9/18   通常営業
9/19   通常営業(水曜ナイトラン)
9/20   定休日
9/21   通常営業
9/22   通常営業(イベントなし)
9/23   通常営業(Learn To Runプログラム
9/24   祝日臨時営業(はじめてのビルドアップ走
※店長武尊120km参戦してます(9/22-24)
9/25   通常営業
9/26   通常営業(水曜ナイトラン)
9/27   定休日
9/28   通常営業
9/29   通常営業(副店長のLSD)
9/30   通常営業(TAMAKAWAハーフマラソン

※水曜ナイトランは20:15にお店を走り出せる格好で集合、約5kmほどみんなで走ります。着替えはお店のトイレでよければ可能です(無料)
※イベント情報はFacebookでアップ次第リンクしていきます
※STRIDE LABレース出店情報
9/9 トレニックワールドin外秩父
9/29-30 coedo川越ランニングフェスタ in 川越水上公園

ZERO LIMITS NIGHT NIKKO開催しました

どーも店長です。

先日行われたZERO LIMITS NIGHT NIKKOですが、なんと80名もの方にエントリーいただき、日光に集まっていただきました。

日時:2018年8月11日20時〜翌12日朝6時
会場:日光市霧降高原キスゲ平園地
エントリー数:80名
コース:キスゲ平園地階段下〜丸山
2年前に高尾山の1号路・6号路・稲荷山の3コースのループでスタートしたZERO LIMITSが、ついに東京から栃木に進出したということで、とても感慨深く思います。

いつもは15〜20人くらいでこじんまりやるので、80名(実際は10名くらい欠席+スタッフが5名くらい参加)規模で開催というのは、安全管理の面でもオペレーションの面でもやや不安がありましたが、無事に終えることができました。

そもそも日光でやろうとなったのが、ALTRAアンバサダーの星野由香理さんが参戦しているスカイランニングワールドシリーズ戦を戦っているということで、皆さんにも一緒にイベントに参加していただき、活動を知ってもらうことと、資金面でもサポートしていただこうということで行いました。

 

さて、イベントの雰囲気をここからはお伝えします。

まずは受付
定刻には長蛇の列。そう、受付以外は夕方過ぎているのでやることはありません笑

ゼッケンと一緒に渡されるのは
・MCTゼリーのサンプル
・スポーツ麦茶のサンプル
・たぶん甚五郎せんべい(日光のご当地お菓子)に、星野由香理選手が1つ1つ手書きしたメッセージに女子力を感じます笑

milestoneのトレイルマスターやPETZLのNAO+など、各種ヘッドライトのお試しがメーカーさんの協力のもと実現。
新入社員の玉ちゃんこと玉川さんから使い方などを力説。

その後、星野由香理選手のスカイランニング世界選手権前半戦の報告会が行われました。

参加者のみなさんも普段は聞けない話なので、真剣に聞いてくれます。どんなレースを走ってるか、イベント中に一緒に走ったりして、レースも応援していただけたら嬉しいなぁと。本人のFacebookページからもレースのリザルトやレースの開催情報が配信されていますので、ここで知った方もぜひチェックをお願いします。きっと力になると思いますので。

当日会場には星野由香理選手と同じくALTRAアンバサダーの矢田夕子さん、遠藤和子さんも会場に駆けつけてくれました。

他にも栃木のトレラン界のおしゃれ番長『佐藤千大』さんも仲間を連れて応援に来てくれましたヨ。

 

そんなこんなしているうちに、イベントのスタート時間が近づきます。とりあえず全員いるうちに集合写真を。

総勢約75名でパシャり

スタート前の雰囲気はレースさながら

定刻ぴったりにスタート
まずは星野由香理選手が先頭でコースを1周案内してからのスタート。いつものZERO LIMITSにゲートも音響もあるもんだから、雰囲気はなかなかでしたヨ。

勝手な店長の趣味で用意した2000lumenの投光器がゴールゲートを照らしております、これすごく満足♫

会場は1445段の階段が続くキスゲ高原
暗いが故に延々と続く階段が、じわじわ効いてきます。

1445段の階段を駆け上がると、「丸山」まではトレイル、直前まで降った雨の影響でなかなかスリッピーなコンディションでした。

丸山の山頂に設置された標識をタッチして参加者はスタート地点に戻ります。

記録はすごくアナログで、自分で周回を管理。

続いて、エイドです。

 

毎回大好評の充実エイドでは、なんと水餃子や日光名物の武平まんじゅうまで。エイドは時間ごとの献立が出るので、そこまで頑張ろうとか、水餃子食べるために何時までに戻ってこようとか、モチベーションの維持にも役に立つみたいです♫

 

そして、今回、全員を感動させたのは
満天の星空だったのではないでしょうか。

天の川まではっきりと、流星もたくさん
この星空を観れただけでも日光まで来て良かったと、言ってくださるかたもいました。本当に感動でした。

終始先頭をひっぱってくれた竹内さん

10時間走ったとは思えない圧倒的なスピードで最後に追い上げた野口さんに、スタッフ一同驚愕!

 

ローカルで少人数のイベントではありましたが、トップ選手もたくさん来てくれて、一緒に走った方はすごく刺激的だったと思います。

夜が明けると、はじめて自分たちが上る階段が見えてきます。

山のロケーションも最高です

そしていよいよファイナル!

ALTRAゲートをくぐってゴール!!

10時間走りきった選手を迎え入れます

そして最後は完走証の授与

ZERO LIMITS NIGHTは自分と向き合う時間を提供しているため、順位は設けず表彰はありません。
星野由香理選手を応援しに、そして自分と向き合いに来てくださったランナー1人1人に感謝の気持ちをもって、ZERO LIMITS NIGHT NIKKOは閉幕いたしました。

 

さて、ここからは全然関係ないオフショットになりますが、お盆の日光はいろいろ楽しめました。

イベント当日のお昼は、日光珈琲にて名物の黒カレーを食しました。タイミングを間違えると相当並びますのでみなさん行くときはお気をつけて。

そしてイベントのあとは星野家のおふたりとゼロリミッツ卓球部で卓球ファイト!

みんなそこそこできるので、サイコーに楽しかったです。

そしてもう1日星野リゾート(と呼んでいる)に泊めていただき、ゼロリミッツ釣り部を結成し、渓流釣りへ。

綺麗なニジマスが釣れました♫

スタート前から翌日まで満喫したZERO LIMITSでした。
おしまい。

 

 

 

※合わせて読みたい記事
LINE@でオンラインでも使えるクーポン配布中
LINE@はじめました
2018年8月の予定
TORIN KNIT3.5でウルトラマラソン走ってみた
日光ウルトラマラソン走ってきました
8/4開催  ALTRA TIME TRIAL SERIES東京大会
ファットアダプテーションの実践
ルナサンダルの履き分けとサイズ感について
ルナサンダル入荷しました
ファットアダプテーションについて
Teton Bros.のTシャツはここがいい
山の補給学
UTMF前に確認しておきたい装備(防寒対策)
ヘッドライトで迷ったらPETZL NAO+
ウルトラで選ばれてるシューズランキング
Teton Bros.スクランブリングショーツ
居住性を追求した山岳テントCHINOOK 2P
gleg socks入荷しました
drymax socksは普通の靴下と全然違う
Dry Actionという技術
Wind River Hoody入荷のお知らせ
・Wind River Hoodyが最高なワケ
もはやお宝?Race Readyのパンツ
日本規格で作り直したこだわりのINSTINCT EVERYDAY
ナチュラルランニングと革靴
日常でもゼロドロップシューズが良いわけ
ALTRAとクッション
ALTRAと走り方
ALTRAの何がいいかわからず履いている方へ
ALTRA ESCALANTE BOSTON RACER
ALTRA厚底ロードシューズ比較してみました
ALTRAシューズのサイズ感について
走るために生まれた「ルナサンダル」とは
いわゆる自然な走り方について
ALTRA 朝1番に履きたいシューズランキング
ALTRA LONEPEAK3.5はトレイルとロードのバランスが神

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

STRIDE LAB

東京都多摩市一ノ宮2-19-1

050-1229-1339

Mail:info@stridelab.jp

ONLINE SHOP:http://mfxtreme.shop-pro.jp/

8月の予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

LINE@でオンラインショップでも使えるクーポン配布中

どーも店長です

先日公開したLINE@ですが、お店の常連さんはもちろんWEBショップでいつもご利用いただいているみなさまにもお得な情報を配信しています。

『STRIDE LAB』とお友達になった後、どうやってクーポンを使うかを動画にしてみました。まずはこちらをみてください。

メニュー→メイン→クーポン→1番下の『使用する』ボタンを押すと、店頭ではスタッフが、オンラインショッピングの方にはクーポンコードが発券されます。クーポンコードを、購入の際に入力して使ってくださいね。

 

つづいてポイントカード!

こちらも簡単な動画にしてあります。

メニュー→ショップカードを押すと、無料イベント1回参加につき1ポイントを、有料イベント1回参加につき2ポイントをゲット⭐️
15ポイント貯めたら店内の補給食を1つプレゼントいたします。

 

ポイントカードがかさばって嫌いだった店長も、LINE@なら財布がかさばることもないし、快適に使えそうということでスタートしました。

リピーターのみなさまに、新規のお客様により親しみやすい店舗を目指していく平成最後の夏なのです♫

 

※合わせて読みたい記事
LINE@はじめました
2018年8月の予定
TORIN KNIT3.5でウルトラマラソン走ってみた
日光ウルトラマラソン走ってきました
8/4開催  ALTRA TIME TRIAL SERIES東京大会
ファットアダプテーションの実践
ルナサンダルの履き分けとサイズ感について
ルナサンダル入荷しました
ファットアダプテーションについて
Teton Bros.のTシャツはここがいい
山の補給学
UTMF前に確認しておきたい装備(防寒対策)
ヘッドライトで迷ったらPETZL NAO+
ウルトラで選ばれてるシューズランキング
Teton Bros.スクランブリングショーツ
居住性を追求した山岳テントCHINOOK 2P
gleg socks入荷しました
drymax socksは普通の靴下と全然違う
Dry Actionという技術
Wind River Hoody入荷のお知らせ
・Wind River Hoodyが最高なワケ
もはやお宝?Race Readyのパンツ
日本規格で作り直したこだわりのINSTINCT EVERYDAY
ナチュラルランニングと革靴
日常でもゼロドロップシューズが良いわけ
ALTRAとクッション
ALTRAと走り方
ALTRAの何がいいかわからず履いている方へ
ALTRA ESCALANTE BOSTON RACER
ALTRA厚底ロードシューズ比較してみました
ALTRAシューズのサイズ感について
走るために生まれた「ルナサンダル」とは
いわゆる自然な走り方について
ALTRA 朝1番に履きたいシューズランキング
ALTRA LONEPEAK3.5はトレイルとロードのバランスが神

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

STRIDE LAB

東京都多摩市一ノ宮2-19-1

050-1229-1339

Mail:info@stridelab.jp

ONLINE SHOP:http://mfxtreme.shop-pro.jp/

8月の予定

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・