「未分類」カテゴリーアーカイブ

FAT ADAPTATION の実践

Fat Adaptationを実際に始める上で最も重要な事は:
 FAT ADAPTATION
「十分な時間をかける」 事
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
長い時間をかけて現在のエネルギー代謝にアダプト(順応)しているので、焦って急激な食事の変化をつけてしまうと様々な形で体に負担がかかってしまう場合があります。
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION

マラソンのトレーニングも同じですが、計画を立てて体の順応レベルに合わせていかないと、「怪我」をしてしまい、思い通りの結果が得られません。

  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
Fat Adaptationの「入り口」の鍵となるのは:
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
「インスリン」
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
インスリンは血糖値の状態に限らず、様々な状況によって分泌量がかわり、このインスリンの血中濃度が高い状態だと、脂質代謝が優位に行われにくくなります。
  FAT ADAPTATION
図はインスリンの血中濃度と体内の脂肪分解の割合を表したものです。
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
インスリンの血中濃度が低い状態では、沢山の脂質をエネルギーとして使うために分解していることがわかります。
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
このインスリン濃度の違いは一体どういう事なのでしょうか??
  FAT ADAPTATION
それには:
  FAT ADAPTATION
「インスリン耐性」
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
という言葉が次の重要なキーワードです!
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
例えるなら「頭痛と頭痛薬の関係」に近い感じです。
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
頭が痛いので頭痛薬を1粒飲みます。
それからちょくちょく頭痛がする時に同じ頭痛薬を飲んでいると、1粒では薬の効果を感じなくなります。
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
なので、今度は同じ程度の頭痛でも2粒飲むようになります。
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
これが「耐性」というもので、身体は様々な刺激に対して「慣れる」事、その刺激に対しての耐性を高めて行く能力が備わっています。
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
インスリンと血糖値の関係も同じで:
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
ある一定の血中ブドウ糖の濃度が高まるとある一定量のインスリンが分泌されて、ブドウ糖が細胞に吸収されていたのが、食間のスナッキングが多く、食事の摂取頻度が増えたり、食事の量が高まるにつれて、より多くのインスリンの量が必要になり、いつのまにか常に血中のインスリン濃度が高い状態になってしまいます。
*年齢が上がると共に多くの人に同じ症状が見られるようです。
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
そのインスリン耐性を正常に戻す事が FAT ADAPTATION のはじめに必要なことになります。
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
実際にどのようにそのインスリン耐性を正常にもどすのか? ですが。。。
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
以下の図は食事のタイミングとインスリンの血中濃度を表しています。
上の図では朝食、昼食、夕食の間にしっかりとインスリンの濃度が下がっているので、蓄積されている脂肪(もしくはグリコーゲン)が分解されてエネルギーになっていますが、下の図ではインスリンの濃度が十分に下がるタイミングが無く、常に解糖型(無酸素)のエネルギー代謝になっています。
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
この場合、なかなか脂肪の燃える体になりにくく、エネルギー効率の良い状態とは言えません。
その状態を変えるには、食事の間をしっかりと空けて、インスリンの濃度がしっかり下がる時間を作ることを心がけましょう。
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION

もしくは
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION

目安として、1日に10時間から15時間程度のFASTING時間をとることを心がけましょう
*Fasting= インスリンの分泌が行われる食事を取らない時間
  FAT ADAPTATION
例:
  FAT ADAPTATION
朝食 午前9時
  FAT ADAPTATION
昼食 正午12時
  FAT ADAPTATION
夕食 午後6時
*夕食から次の朝食まで15時間
  FAT ADAPTATION
or
  FAT ADAPTATION
朝食 午前8時
 ー MCTオイルとコーヒー
 ー インスリン分泌の無い脂質のみ
  FAT ADAPTATION
昼食 正午12時
 ー 通常の食事
  FAT ADAPTATION
夕食 午後9時
 ー 通常の食事
*夕食から次の朝食まで15時間
  FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
上の方法だと、夜ご飯を午後6時に食べなければいけないので、仕事をしている方だとなかなか困難。
でも、下の方法だと朝食に脂質を摂ることで、お昼まで高い集中力を保つことができます。
 FAT ADAPTATION
  FAT ADAPTATION
まずこの方法を4週間続けることで FAT ADAPTATIONの準備を整えましょう!

『STRYD』パワーメーター 販売開始!!

 

ランニング・トレーニングが進化します!!

サイクリストの間ではすでに当たり前になってきた「パワートレーニング」。ワット(W)運動負荷を管理し、的確な運動量を確認し、トレーニング計画を作る事ができます。

さらに、『STRYD』の3D加速度センサーは運動を「3軸」で計測する事で、運動の効率(ランニング・エコノミー)を数値化し、無駄のないランニング・トレーニングを実現し、ランニング障害のリスクも軽減する事ができます。

高性能 3D加速度センサー搭載

STRYDは3D加速度センサーをカーボン製の小さなフットボッドに搭載し、ランニング時のパワー(W)を計測できる画期的なデバイスです。

パワートレーニング for RUNNING

一歩一歩のストライドにかかるパワーを様々な角度から測定することで、世界で初めてランニングの「効率」を計測し、最適なランニング強度の設定を環境に合わせてコントロールすることが可能になります。従来の心拍数だけを元にしたトレーニング管理に比べて、環境の変化や、筋疲労に影響されて変化する数値だけではなく、安定した「出力」を管理できるので、より効率の良いトレーニングが可能になります。

RUNNING ECONOMY (効率)

パワー発揮の変化を記録し、分析することでランニングの「効率」、つまり「ランニング・エコノミー」を測ることができます。エリート・エンデュランススポーツの世界では、ランニングエコノミーを管理することがランニングのパフォーマンスを推測するもっとも正確な手段だと言われています。

STRYDから得られるその他のデータ

Leg Spring Stiffness:  一歩一歩の反射能力

この数値が低いと筋に対する負担が大きく、腱反射が上手に使えていない事がわかります。

Ground Time:  足部接地時間

150ms〜300msが推奨されています。

Vertical Oscillation:  体全体の上下動の幅

8cm〜14cmが推奨されています。

8cm以下の場合、Leg Stiffnessが低く、接地時間が長傾向があります。14cm以上の場合、オーバーストライドの傾向があります。

Cadence (SPM): 1分間の歩数

現在の研究では175SPM〜185SPMが推奨されていますが、エリートアスリートのようにスピードが増すと200SPMを超えるCadenceになる場合があります。

 

STRYDパワーメーター (¥28、000)

お問い合わせ先 TEL:050-1229-1339

 

6月17日に以下の時間帯で説明会を行います。事前にご予約ください:

「STRYD」パワーメーター販売開始!
6月17日(土曜日)

販売説明会
11:00 募集人数 5人
14:00 募集人数 5人
20:00 募集人数 5人

場所:TREATトレーニング
*お問い合わせ
STRIDE Lab / ストライド ラボ

〒206-0002
東京都多摩市一ノ宮2-19-1 カリアンドラII 1F

TEL:050-1229-1339
MAIL:info@stridelab.jp

PROTEC ブリスタープロテクター

ハイカーもランナーも必ず一度は経験したことのある「マメ」「靴擦れ」「ウオノメ」

一度痛くなると動き続けるのは極めて困難になります。

硬い登山靴で歩く時、濡れたシューズで走り続けるトレイルランニング、雨でも走り続けるロードマラソン。それぞれマメや靴擦れの危険性が増します。

マメや靴擦れの原因の多くは「皮膚の表面温度が上がる」事。靴の中で足が動いたり、水分を含んだシューズ、ソックスで動き続けるなど、様々なことが影響して足の問題を発生させます。

この「ブリスタープロテクター」は特に摩擦が発生する場所に貼ることで、パッチの中のジェルが摩擦係数を激減させてくれます。痛みが出る前に木になる部分に貼っておくことをお勧めしますが、痛み始めてからでも痛みを和らげてくれる効果があります。

 

マメ予防
ジェル入りのパッチが8個。足だけでなく、胸のスレにも効果があります。
液体の入ったパッチ。厚みが最小限にデザインされているので、シューズのサイズ感もそこまで変わることはありません。
液体の入ったパッチ。厚みが最小限にデザインされているので、シューズのサイズ感もそこまで変わることはありません。

Protec(プロテック)製品入荷!

アメリカのProtec Athletic ブランドの商品が入荷しました。

いくつか商品がありますが、まずはブランドの説明から。

1991年にロサンゼルスで創業。元バレーボール選手のジェフ・ロジャース氏が膝の怪我を予防するためのパテラ・ブレイスを開発し、バレーボール選手たちに使ってもらい、広まりました。今ではランニング、アウトドア業界では欠かせない「リカバリー」のスペシャルブランドとなりました。

 

代表的なサポートアスリート

スコット・ジュレク(ウルトラ・ランナー)

scott-jurek-2014-nutrition

https://www.pro-tecathletics.com/Recovery/Nutrition

クリッシー・モール(ウルトラ・ランナー)

600600p548ednmain4krissy-foam

https://www.pro-tecathletics.com/Blog/ArtMID/548/ArticleID/4/Downtime-and-What-Brings-it-Up

 

それぞれの商品紹介:

 

プロテックの代表的アイテム

「ITバンド」ストラップ

ー腸頸靱帯炎の原因は様々言われておりますが、最も重要なのは原因を探ってそれを改善する事です。多くの場合で走り方(ランニングフォーム)を改善することで痛みがなくなることが多いです。しかしながら走っている最中に痛くなると、それからの一歩一歩は地獄です。

そのような時に活躍するのが「サポーター」です。サポーターは決して「治す」ものではないですが、痛くてもう誤かけれないけないシチュエーションではとても頼りになるアイテムになります。

もちろん原因を特定して改善することで、「生涯スポーツ」を痛みなく楽しむことができるようなるので、できるだけ頼らないようにしましょう。

でも、一つ持っておくととっても安心します!

 

IT BAND
プロテック社の代表的アイテム「ITバンド」。腸頸靱帯炎で悩んでいる方のためのサポーター
ITバンド
服の上からも装着できるので、アクティビティーの途中で痛みが出た時に服を脱がずにすぐに対応できます
ITバンド 内側
硬めのパーツを膝の外側の少し上に当てるように装着することで、筋膜のブレを抑制します

 

鴨井夕子選手のランニング教室~Lesson8リレー~

今回で第8回目のランニング教室!

今日はみんなでリレーと題して「レペティショントレーニング」を行いました。

レペティショントレーニングとは、反復練習という意味合いもあり、50~3000mくらいの距離を1回1回最大努力で走るというもの。

要は全速力(笑)

各回の運動負荷後はしっかりとレストを挟み、完全休養してから走るというのが特徴です。

効果としては
・無酸素性の運動能力をあげる
・乳酸の除去能力をあげる
・スピード力の向上
などが上げられます。

関節可動域を大きく出し、全身でスピードを出す。

インターバルトレーニングでも、ここまでスピード出す事はないでしょう。

今回は1列でJogをしながら、先頭の人がダッシュして最後尾に戻って来たら、先頭の人がダッシュするの繰り返し。

距離にしてだいたい500m。本当はしっかりレストを取りたかったのですが、今日は寂しいかな参加者が少なく、レストは5分弱。

乳酸が溜まる感覚が全身で分かります(笑)

ただ、苦しいだけではなく、苦しい体験を共有出来ている仲間からの応援もあり、しっかりとトレーニング出来ました!!

最大努力でのトレーニングってしないですよね?

出る出ないは関係なく、スピードを出す!って動きと神経伝達が大事です!

また企画しますので、ぜひご参加下さい!!

鴨井夕子選手のランニング教室〜Lesson5 LSD〜

2016年野辺山ウルトラマラソンで優勝した

ALTRA JAPANアンバサダーの鴨井夕子選手を

STRIDE LABにお迎えして、LSDを行います。

image

LSDの重要性や練習のポイントなどをお伝えし、

和泉多摩川駅の近くにある

BLUE TAMAGAWAまで、

約14kmのLSDを行います。

1年で1番暑い時期に突入しました。

体を動かすのが億劫になりがちですが、

ゆっくり長く走るトレーニングも必要です。

鴨井選手と一緒に走りましょう!!
ペースは1kmを7分〜7分30秒くらいの間で

顔ぶれを見て決めたいと思います。

今回はそのままBLUE TAMAGAWAで

解散になります。

ペース的に厳しい場合もあると思うので、

荷物の運搬等に車を1台出します。

BLUE TAMAGAWAでは1人500円弱で

シャワーの利用が可能です。

また、ALTRAシューズの試し履きもできます。


日時:7/30(Sat) 8:00〜10:30
集合場所:STRIDE LAB
解散場所:BLUE TAMAGAWA
定員:15名(最大)
参加費:¥1,000
準備:走れるかっこうでご来店ください
補足:水分補給は各自でお願いいたします。


※雨天の場合は中止します。

中止のご連絡は当日朝7時00分までに

Facebookページでご案内いたしますので、

天気が悪そうな場合は

ご確認をお願いいたします。

 

※連絡なしにお越しいただけなかった場合は、

次回以降のイベントの申し込みが

難しくなりますのでご了承ください

お申し込みはフォームから

情報を入力してください。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/42fcc2e8456969

皆様のご参加をお待ちしております。

PROVISION2.5 レビュー

 

al_pro25m_m01

新しくなったプロビジョン2.5

アルトラ史上最も多様性のあるシューズとしてご紹介されている本製品、その秘密に迫ってみましょう。

まずは足の足部側に内蔵されているフルレングスウェッジにより接地時の左右の横ぶれを防ぎます。またアルトラ独自のフットポッドシステムにより、足指1本1本の位置を正しいアライメントに沿うようにデザインされているので、地面にしっかりと力を伝えます。

そして、アウトソール(足裏)に組み込まれた3つのスタビライザーにより、足が地面に着く時のプロネーションなど接地時の癖を軽減し、足が地面から離れる時のプロネーション(レイトステージプロネーション)も防ぎます。

これらのプロネーションという現象は誰もが起きることではありますが、大きくなればなるほどランニング障害のリスクが高まります。アルトラ独自のスタビリティポッドにより過度なプロネーションを防ぎ、ランニング障害の原因をシューズから減らしていく、そんなこだわりが良く現れているプロビジョン2.5です。

2016-01-24 08.37.36

さて、実際に試してみました。(※サンプルシューズなのでこの色は日本では取り扱いがありません)

履いた感じは・・まずアルトラのシューズであることを疑いたくなるくらいのフィット感。横ぶれを防止するためのウェッジが足にピタっとフィットしやや窮屈に感じつつも、5分くらい履き続けると馴染んできます。

※何人かに聞きましたが、アーチが落ちている人だとアーチサポートのような感じで履き始めは違和感があるけれども、少したつとフィットしてくるという感想がほとんどです。

そして走ってみると、普段横ぶれが多い人は真っ直ぐ走れる感覚に近いと思います。横ぶれの防止だけでなく、アッパーのホールド感などが非常に良いです。安定性を切り取れば右に出るシューズはないくらいのサポート感です。

なお、このプロビジョン2.5は九州エリアではウォーキングをされる方に大変人気で、その中でも歩き方にクセがある方が履くと、ようやく自分のシューズが見つかったと感じ、購入される方が大変多くいらっしゃいます。

もし足の故障が多かったり、走り方にクセがあったり、これからランニングを始めようと思っている方など、どちらかと言うと初心者にまず1度履いて欲しい1足ということになります。

上級者の方もレース後のバランスが崩れている状態の疲労抜きのジョグなど、シーンに合わせて使用していただけたらと思います。