カテゴリー別アーカイブ: 商品紹介

ランニング用パワーメーター STRYD 〜第3章 画面・データの管理〜

今回は、STRYDを導入したら、

どんな画面でデータを見ることができるのかを

お伝えできればと思います。

実は先日アップした画像はGarmin Connectの画像で

STRYDのパワーセンター(PC版HP)やアプリで見ると

下の画像のようになります。

まずはPC版のHPのパワーセンター

主要なところだけ抜粋するとこんな感じです。

 

 

先日「よみうりランド」の巨人への道にて

283段の階段を10往復するトレーニング

なので、心肺機能ベースでいうと、かなりハードな

トレーニングでした。

恐らく最大心拍が205前後の店長ですが、

アベレージ心拍が177でした。

ちなみにiPhone版のアプリで見るとこんな感じです。

ちなみに7月27日に行った階段10往復との比較は

こんな感じです。

カレンダー機能で前のデータとの比較も簡単です。

画面的にはこんな感じです。

前回は4本目から心拍を153まで1度しっかり落とし

インターバルの形をとったため、同じ本数を行うのに

12分ほど余計にかかっています。

本日はなるべくイーブンペースでいったため、

今回の波形の方が一定で、前回の波形の方が出力が高く

出ています。

他にもラップ(1kmに設定)ごとの平均出力や

出力レベルでの運動強度(ゾーン)の結果なども出ます。

さらにTrining Peaksという別のアプリと連携させると

Training Stress Score(トレーニングストレススコア)という

トレーニングによる体の疲労を数値化したものも出ます。

 

 

データを貯めることは、トレーニングの効果を数値で管理

していく上でとっても重要です。

自分の出力がわかっただけでは、足が早くなったり楽に走れる

ようになりません。データを分析して必要なトレーニングを

行っていくことが必要です。

 

第4章ではFTPをもとにしたトレーニングについて

触れていきたいと思います。

ランニング用パワーメーター STRYD 「第2章〜FTP測定〜」

どーも、店長です。

今日はFTP測定について書いていこうと思います。

そもそもFTPってなんぞや・・・

いい質問ですね〜(池上さん風)

 

FTP=Functional Threshold Power

 

1時間あたり全力疾走した時(TT)の平均出力のことです。

高い出力を出せることはいいことです。

体重が重い方が高く出るので、それを体重で割った値だと

他の人と出力ベースで比べることも可能です。

ただし、自転車のパワートレーニングにもFTPは出てくるので

ここではランニング用ということでrFTPwと表記します。

 

 

みなさんお気づきのとおり、

STRYDを導入したら

自分の限界値を知ることが第一歩なのです。

 

よほどMっ気が強い人じゃない限り、

自分の限界値を知る=限界まで追い込む

というのはあまり気が進みませんヨネ笑

1時間全力で走ればいいんですけど、

ぶっ倒れるまでそんなスピードで走って

測定するのはなかなか難しいので、近似値を出す

3分-9分テストで今回は行いました。

 

 

最初に15分間のアップ→3分間の全力疾走(3:16/km)

5分間ウォーキング→10分ジョグ

5分間ウォーキング→5分ジョグ

5分間ウォーキング

→9分間の全力疾走(3:29/km)

3分間全力疾走した時の平均出力と、

9分間全力疾走した時の平均出力を

足して2で割って、0.9をかける。

わかりやすく書くと

【3min(MAX)+9min(MAX)】÷2×0.9(90%)

 

 

(348.6w+325.2w)÷2×0.9=303.21

ざっくりrFTPw=303wという値が出ました。

さらに体重で割ると66kgなので4.59が

体重1kgあたりの出せるrFTPwです。

 

 

人と比べてもしょうがないので、まずはこの数字を

基準に今後自分の出力が上がるか(出力向上)

または体重が軽くなっても同じ出力が出せるか(出力向上)

同じスピードで出力を下げられるか(ランニングエコノミーの向上)

そういった数字を見ていけば1週間前の自分とも比べられるし、

1ヶ月前の自分とも比べることが可能です。

 

もちろんタイムトライアル(TT)などでタイムが上がった

というのもひとつの目安です。

 

TTでタイムを測るのと違って、トレッドミルで行えば、

天気や風向き、気温、スピードの上下等に影響されることなく

常に一定の条件で計測が可能なのも特徴ですね。

 

 

 

長くなってしまいましたが、まずは

STRYD購入→FTPの測定がマストで

それをもとにトレーニングを行っていきます。

第3章ではデータの画面・データ管理についてお伝えいたします。

 

 

 

 

 

ランニング用パワーメーター STRYD〜第1章 用語について〜

5月ころから情報を発信しているランニング用の
パワーメーター
「STRYD(ストライド)」
仕事が落ち着いてきたため、
めちゃくちゃ詳しい副店長と
夕子先生に追いつくべく、
使用を開始いたしました。
販売開始の時の記事はこちら
 
正直なお話をすると、副店長と夕子先生が専門的な分野です。
店長はどちらかというと、お客さんと同じ目線で
何がどうなのかという視点でSTRYDを見ていきます。
 
さて、さっそくですが使ってみました。
画像の波形を見ていただくとわかるように、
インターバルを行いました。
そう、先週末の土曜日の夕子練です。
 
この日は200mのインターバルで、
レストを40秒で行いました。
上記のペースや心拍数、
ピッチなどはパワーメーターがなくても
表示されますので割愛します。
 
ここからが本題です。
1、Power(Watts)
 ランニング中の’出力をワット数で表せます。
 今回は1番ワット数が高くなっているインターバル走の加速時の出力を見ていきます。
数値が397Wattsと表記されています。
この数値がいいか悪いかはここではスルーします。
※ランニングの効率を考えれば、同じ速さで走った時に、
 この出力が低い方が効率の良い走り方である
と認識しておけばわかりやすいと思います。
 
 
2、Cadence(SPM)
 1分間に両足が地面に着く回数を表しています。
図ではRPM(片足の接地回数)になっていますが、一般的に普段ジョギングなどをしたりする時に、ケガをしにくい走り方をしようと思った場合、SPM175〜185前後くらいを目安に走れるとベター(今回はインターバルなので数値がそれよりも高いのは問題ない)と言われています。
 
 
3、Ground Time(足部接地時間)
こちらは、150ms〜300ms
わかりやすく書くと、地面に足が着いてから
離れるまで、0.15秒〜0.3秒がいいとされています。
接地時間が長いとバネを使った走り方にはなりません。
4、Vertical Oscillation(体全体の上下動の幅)
 こちらも平たく言うと体の上下動です。
8cm〜14cmが良いとされています。
よく「上下動をせずに目線を一定にして走ると良いですよ」とアドバイスされるランニングコーチの方もいますが、上下動が少なければ必ずしもいいわけでもありません。
歩くような走り方の人(腰を落としてすり足で走るような人)などは、体の上下動は少ないということになりますが、体のバネを使った走りはできませんね。
5、Form Power
 ランニングの動作は上下・左右・前方向へと
大きくわけて3つの方向に力が働きます。
Form Powerというのは、足が地面に接地した時の前方向以外の左右のブレや上下動のエネルギーのこと。
平たく言うと、ランニングフォームを維持するために使用するパワーのことを指します。もちろんランニングの動作上はありえませんが、全て前方向へ推進力が働けば、Form Powerはゼロということになります。
6、Leg Spring Stiffness(一歩一歩の反射能力)
 この数値が低いと、筋肉に頼った走り方になってしまい、
腱反射と言われる(いわゆるバネを使って走る)走り方が
できません。
※このLeg Spring Stiffnessは重要な数値。
 必ずまた出てきます。
・・・とここまで色々記載してきましたが、
この数値を知っただけでは、
効率のいい走り方にはなりません。
これをどのように活かすかが重要ですが、
それがわからなくて「STRYD」を導入することに
抵抗がある人が多いように感じました。
この数値をどう認識してトレーニングしていけばいいか、続きは第4章で書いていきたいと思います。
第2章は己の実力を測るFTP測定です。

TORIN3.0 入荷しました!

待望のTorin3.0がバージョンアップして入荷いたしました。

Torinは本国アメリカのALTRAシューズの中で

最も選ばれているシューズです。

今回の変更点は主に3つです。

1、アウトソールのパターンの変化

2、クッション性の向上(ミッドソールの変化)

3、通気性アップ(アッパーの変化)

中でも1番の変更点は

アウトソールのパターンの変化です。

細かいようですが、

実はものすごく重要なアップデートですので

よ〜く読んでください。

ご覧のとおり、パターンが変化しています。

具体的に言うと、

足が地面から離れる時に、

母子球のところが屈曲しますね。

そう、こんな感じに。

それが、今までは母子球よりもやや前の方が

屈曲していたんですが、今回のアップデートで

しっかりと屈曲するポイントが合うようになり

ました。

こちらの画像は、同じくらいの力で、

指先を反らせた状態です。

このくらい、アウトソールのパターンが

変わると、指先の動きが変化します。

小さいようで大きな変化。

個人的なお話をすると、

私の足の指はすごく長いんです。

そうすると母子球の屈曲するポイントが

他の人よりも土踏まず側にくるんです。

今まで、屈曲ポイントが合わず、

若干足の動きと比べて靴が遅れてついてくる

感じがしていたのが、

バージョンアップしてストレスなく走れるように

なりました。

足の指が長くない人(別のスタッフ)も、

もちろんぴったり合っています。

他にも、Torin2.5と左右履き比べると、

ミッドソールが柔らかくなっています。

感覚的にも柔らかいですが、

特殊な工具でその硬さを測ったところ、

数値的にも違いました。

先日、日光ウルトラで矢田夕子選手(夕子先生)

に先行でお試しいただいたところ、通気性の良さと

クッション性が上がったことに触れつつ、

レポートをALTRAのFacebookページにいただきました。

STRIDE LABでは、写真のグレー/ライムのカラー

だけが先行で入荷しています。

まだ届いていないレディース分も届きましたら

追加でご連絡いたします。

当店のオンラインショップはこちらから

Provision 3.0 新登場!

Provision 3.0 新登場!

ウォーキング、ランニングで人気の高いプロビジョンがアップデートされて、Provision3.0として新入荷してきました!

見た目はそんなに変わっていないように見えますが、ものすごく変わりました。

まずはアウトソールパターン:

ー内側、外側の張り出し部分が少し緩やかになり、パラダイムのようなパターンに

img_3168

 

プロビジョンとパラダイムの比較(同じサイズ)

パターンはこの二つのシューズでそっくりのパターンになり、さらなる安定性のためにラバーを全面に貼り、ブレて欲しくない部分には硬いラバーを貼りました。

img_3175

最も違うのが安定性を出すための方法

スタビリティーポッドというアウトソールを使った安定方法から、パラダイムで大変高い評価をいただいた「ガイドレール方式」に変わりました。

これは、かかと部分の内側にサポートを入れることで足部接地時の安定性を自然な形で出せるようにしたものです。

img_31662

実際にウォーキングやウルトラランニングのユーザー様たちからいただいたパラダイムの高い安定性に対する信頼度をこのプロビジョンにも採用しました。

 

実際に走ってみるとアーチの下からサポートされるような感覚もありますが、足が地面から離れる時の「トゥーオフ時」の安定性も感じることができます。

クッション性はパラダイムに比べてプロビジョンの方がダイレクトに感じれるくらいの程よいミッドソールの厚みなので、より多くのユーザーに受け入れられやすいランニングシューズと言えます。

img_3177

img_3178

 

特徴は:

ヒールストライクが強くなるウォーキングでも安定感があり、ウルトラマラソンのようなロングレースでの足部疲労時の安定性確保にも使える、最強の「スタビリティーシューズ」と言えるかもしれません。

 

男性用

http://mfxtreme.shop-pro.jp/?pid=111587835

女性用

http://mfxtreme.shop-pro.jp/?pid=111587845

この1ヶ月で1番売れたシューズTORIN2.5

TORIN2.5
img_3758
 
こちらのシューズは初めてALTRAを履く方や、ロングディスタンスを走る方に好まれて選ばれ続けています。
前作のTORIN2.0の時から比べると、アッパーが強化され横ぶれしにくくなり、足首のホールド力が上がった関係で、地面に接地した時の安定感がかなり向上しています。
img_3761
靴に抱きしめられているかような安心感。
 
「TORIN2.5の半分は優しさでできています」
 
とでも言わんばかりのクッショニング。
img_3760
img_3759
 
初心者にも優しく、ロングレースを走る上級者にも優しい
 
そんなシューズと言えるです。
これまで100kmを超えるようなレースに出られる方は、PARADIGM2.0を選ぶ傾向にありましたが、上記のようなモデルチェンジの影響か、TORIN2.5を選ぶ方が増えてきました。
 
PARADIGM2.0との違いについては、クッションの厚みに関しては概ね同じくらいですが、アウトソール(靴底)の硬さがPARADIGM2.0の方が固めです。
そしてPARADIGM2.0は母子球から指先にかけて地面から少し離れるようにデザインされているため、振り子の運動が起きやすく、靴底の硬さと合わさって、グングンと前方へ進んでいくような感覚があります。
 
TORIN2.5(Mens 約250g前後 Ladies約210g前後)
Ladies 24.0cm/24.5cm/28cm
Mens 25cm/26.5cm/27.5cm/28.5cm
が在庫がございます。(11月18日現在)
ONLINE SHOPもぜひチェックしてください。

ランニング用 メリノウールシャツ

主にベースレイヤー(素肌に着るシャツ)で使われる素材には以下の3種類があります。

シャツの素材

1: 化学繊維 (ポリエステル等)
石油由来の合成繊維

2: コットン (綿)
自然由来のセルロースを主成分とした繊維

3: ウール (メリノウール)
自然由来のたんぱく質(ケラチン)を主成分とした繊維

スポーツのシーンでよく使われるのは主に:

1: 化学繊維
3: メリノウール

2: コットンは保水性が高く、乾きにくいため、スポーツの環境ではあまり使われることは少ないです。
*稀に砂漠レースなどの高温で乾燥した環境では乾きづらい性能を利用して体温上昇を防ぐためにコットンシャツを推奨している場合もあります。

それぞれの生地には特徴があり、その良い点と同時に悪い点があります。
以下はその代表的な例をあげます。

1: 化学繊維
メリット
ー軽い
ー強度が高い
ー乾きやすい
デメリット
ー匂いが気になる
ー肌との摩擦がきになる

3: メリノウール
メリット
ー肌触りが良い
ー汗冷えしにくい
ー匂いがつきにくい
デメリット
ー化学繊維に比べて乾きにくい
ー強度が劣る

comparison

左)一般的なウール 中央)化学繊維 右)メリノウール

 

☆ストライドラボではランニング用にウェアとして「メリノウールシャツ」をお勧めしております。

その理由は:

ストライドラボで取り扱いのある「アイスブレーカー社」のメリノウールは、そのデメリットである強度と乾きにくさを解決するために、縫製技術と特殊な極細のメリノ繊維を採用しています。

 

これからの季節のランニングや、様々なアウトドアアクティビティーに抜群の機能を発揮してくれます。

アイスブレーカー社のシャツの中でもお勧めなのが

「OASIS LSクルー」目付(200gm/m2)

**メリノウール100%**

マーケットでも極めて少ないメリノ100%のシャツをつくっているのはアイスブレーカーの特徴。

100%メリノシャツの難しさは、着心地に影響する「ストレッチ性」と「シャツ自体の強度」が保ちにくいところです。そのため、ストレッチ性能を高めるためにポリエステル系の繊維を混ぜたり、様々なことをして、デメリットを解消する努力をしております。

しかしながら、この「OASIS」はメリノウール100%使用しながら特殊な縫製技術で「メカニカルストレッチ」という機能を持たせ、脱ぎ着するときも、運動中も着心地が良いようにデザインされています。

「メカニカルストレッチ」とは:縫製方法によってストレッチ性を出しているために、長年着続けても生地が「ダレる」ことがないハイクオリティーな縫製技術です。

 

images

images

*Icebreaker*

OASIS LS 200  ¥9800+税

81fho7rlycl-_sl1500_

 

実際に雨の中、山で行動するときには防水のシェルを着て行動すると汗の蒸れで中のシャツがびしょ濡れに夏ケースがありますが、私はアイスブレーカーのシャツを着て、そのまま行動します。濡れたときのウールの保温性を利用して、運動量を高くキープしたまま行動できるので、雨によるスピードダウンをすることも最小限に抑えています。また、目的地に着いたときに透湿性の高いジャケットを羽織る事で、体温を使って中のシャツを乾かす事もできるくらい乾きも良くできています。

img_1493

夏も冬もメリノの種類を使い分ける事で1年中使えるのでシャツはほとんどメリノウールで行動します。

 

これからの季節は特にオススメなシャツです。

【OS1st】商品レビューby鴨井

【OS1st FOOT SLEEVE】

fullsizerender

レースのために走るという事には積極的な人が多いなか、しっかりリカバリーしている人はどのくらいいるのでしょうか?

怪我でせっかくの練習が台無しでは面白くないので、しっかりとリカバリーもしてほしい。
そこで今日紹介するのは『OS1st』シリーズのFOOT SLEEVE!!
コンプレッション系の商品が様々ある中、なぜOS1stが良いのかをお伝えしたいと思います。

【FS6圧縮ゾーン】
6つのゾーンで圧縮加減が違います。強く締めるべき所は強く締め、弱く締めるべき所は弱く締めてあります。コンプレッション系の商品の中には圧縮具合に変化がなく、キツイものも多々あるかとおもいます。OS1stではそんな事はなく、欲しい所を締めてくれます。

img_3406

 

【運動時にも普段にも】
先程も伝えた締めるとこは締める。中足骨部がしっかりと締まっているので、足趾が開きやすい。前足部が狭い靴を履いてる人は外反母趾だったり内反小趾になっている人が多く、足趾が使えていない人がいるのでしっかり開いて使えるようにすることで怪我のしにくい足になります。
また浮腫の解消にも使えるので、立ち仕事や長時間の移動にはぴったり。

【ムレにくい履き心地】
足趾の部分はカットされているのでムレにくく、生地はしっかりとしていながらも薄いため、装着した上から靴下も履けます。
就寝時にも暑苦しいということはなく、履いたまま寝れます。

img_3324
私はレース後や普段の練習後、就寝時などリカバリーとして使っています。
コンプレッション系のものの効果が問いただされる事も少なくはないですが、浮腫が解消され疲労感は減っています。
ぜひ、お試し下さい!!

 

http://mfxtreme.shop-pro.jp/?pid=108980906

 

by 鴨井

【Lone Peak3.0】商品レビュー by 鴨井

前回のLonePeak2.5とは別のものと考えたほうが良いと思われるLonePeak3.0。
足入れの感じは2.5がフリー感の強い感じであるのに対し、3.0はホールド感が感じられるものとなっています。(下の写真のピンクのカラーのLonePeakは日本での取り扱いはありません)

 

【アウトソール】
グリップが効いており、岩場でもスリップしにくくなっています。抜かるんでいるトレイルでも、ロードでも同様に地面からのレスポンスがよく、走りの邪魔をしません。
岩や木の根っこの突き上げもほとんど感じることなく、足底部の疲労を感じさせません。

image

 

【アッパー】
2.5との1番の違いでもある、アッパー部分。しっかりと補強されており、横方向への足部のブレが明らかに減っています。補強されてるからといって、ガチガチというわけではありません。中の素材は柔らかいものになっており、適度なホールド感で圧迫感はありません。
Altraのシューズの特徴でもあるトゥーボックスの広さをうまく引き出されている印象です。
アッパーでのホールド感はしっかりあるが足趾はしっかりと開いて動きの邪魔をしません。

image

 

【ヒールカップ】
しっかりと踵のホールド感があり、レース後半でも足部の安定感を増してくれます。ヒールカップがしっかりした事で、急登でも安心して走れます。

image

 

【シューレース】
少し長さが気になった前回の2.5のシューレースより短めになっており、ちょうどいい長さです。
シューレースのホールにゲーター輪がプラスされ、取り付けが楽になりました。

image

 

【ミッドソール】
100㌔レース後半のロードのセクションでも、しっかりとしたクッション性があり足部の疲れを感じませんでした。
アウトソールが固めなので、接地の瞬間に力が逃げるといった感じがなく、ミッドソールでクッション性をだし、アウトソールでしっかりと力を伝えるといった感じです。

image

 

【カラー】
今回のレディースカラーはチョコミント(笑)
少しライトな色なので写真のようにパンツは黒などで締める色を入れた方が可愛く着こなせると思います。
女子女子し過ぎない色になっているので、ピンクなどが苦手な方にもオススメ!
ちなみに写真のTシャツはStrideLABで絶賛発売中!笑

image

着心地抜群!汗をかいても臭わないicebreakerのTシャツ

昨日は山の日でしたね。

山といえば長時間衣類を変えずに歩くことが

しばしばありますよね。

本日ご紹介するのは着心地が抜群の

メリノウールを使ったicebreakerのTシャツです。

お世話になってる方へのプレゼントに

自分へのご褒美にぜひ1枚使ってみることを

オススメいたします。

FullSizeRender 15

もうこのTシャツさえあれば他のTシャツは

いらないと思えるくらいの優しい肌触り

icebreakerのメリノウールは他社のウールと

比べても最も細い18.9ミクロンのヤーンで

特殊な織り方をしています。そのため、

同じような90%〜100%のウールで比べると

伸び率・耐久性ともに抜群の着心地を

実現しています。

さて、もともと抗菌作用の高い

このメリノウールは、

長時間の山行で汗をかき続けても

全く臭いません。

IMG_0043

↑この写真は167cm・65kgの店長が着た状態

TECH LITE SS CREW /COLOR アドミラル

サイズはUSのS、日本ではMサイズです。

TECH LITE SS CREWは8,300円

その他のカラーでは大人気のジェットヘザー

FullSizeRender 12

もう1種類はAERO SS CREW  ¥8,800

こちらは特に汗をかきやすい夏場の時期に

メリノの利点を生かしながら薄手に仕上げた

icebreakerの中でも最も軽い1着です。

メリノウール90%ナイロン10%

FullSizeRender 14

こちらのカラー/シアンと最初の画像の

アドミラルの2種類をご用意しています。

 

大量の汗をかいた時、標高の高い場所や風の

強い場所など気化熱が奪われやすい環境でも

風で冷えにくいのがウールの特徴です。

 

山で雨が降ってきたときレインウェアを

着ると思いますが、レインの中は暑さで

大量の汗をかき、湿気がたまり蒸れて

けっきょくビショビショ。

行動し続けられる人であれば、思い切って

ウール1枚で動いた方が、ウールならではの

保温性の高さで気化熱が奪われにくく、

レインを着るよりも汗をかきにくいので

快適な山行になることでしょう。

FullSizeRender 13

STRIDE LABでは女性用の

SPHERE SS LOW CREW ¥8,300

こちらは上記の2つのTシャツに比べ、

メリノにユーカリのパルプ由来の素材の

テンセルを35%織り込んでいます。

テンセルは親水性に富み、吸水性が高いため

より涼しい着用感を感じられます。

 

大変長くなってしまいましたが、

この夏、ぜひ1枚ゲットしてみてください。