カテゴリー別アーカイブ: レポート

ランニング用パワーメーター STRYD 〜第3章 画面・データの管理〜

今回は、STRYDを導入したら、

どんな画面でデータを見ることができるのかを

お伝えできればと思います。

実は先日アップした画像はGarmin Connectの画像で

STRYDのパワーセンター(PC版HP)やアプリで見ると

下の画像のようになります。

まずはPC版のHPのパワーセンター

主要なところだけ抜粋するとこんな感じです。

 

 

先日「よみうりランド」の巨人への道にて

283段の階段を10往復するトレーニング

なので、心肺機能ベースでいうと、かなりハードな

トレーニングでした。

恐らく最大心拍が205前後の店長ですが、

アベレージ心拍が177でした。

ちなみにiPhone版のアプリで見るとこんな感じです。

ちなみに7月27日に行った階段10往復との比較は

こんな感じです。

カレンダー機能で前のデータとの比較も簡単です。

画面的にはこんな感じです。

前回は4本目から心拍を153まで1度しっかり落とし

インターバルの形をとったため、同じ本数を行うのに

12分ほど余計にかかっています。

本日はなるべくイーブンペースでいったため、

今回の波形の方が一定で、前回の波形の方が出力が高く

出ています。

他にもラップ(1kmに設定)ごとの平均出力や

出力レベルでの運動強度(ゾーン)の結果なども出ます。

さらにTrining Peaksという別のアプリと連携させると

Training Stress Score(トレーニングストレススコア)という

トレーニングによる体の疲労を数値化したものも出ます。

 

 

データを貯めることは、トレーニングの効果を数値で管理

していく上でとっても重要です。

自分の出力がわかっただけでは、足が早くなったり楽に走れる

ようになりません。データを分析して必要なトレーニングを

行っていくことが必要です。

 

第4章ではFTPをもとにしたトレーニングについて

触れていきたいと思います。

ランニング用パワーメーター STRYD 「第2章〜FTP測定〜」

どーも、店長です。

今日はFTP測定について書いていこうと思います。

そもそもFTPってなんぞや・・・

いい質問ですね〜(池上さん風)

 

FTP=Functional Threshold Power

 

1時間あたり全力疾走した時(TT)の平均出力のことです。

高い出力を出せることはいいことです。

体重が重い方が高く出るので、それを体重で割った値だと

他の人と出力ベースで比べることも可能です。

ただし、自転車のパワートレーニングにもFTPは出てくるので

ここではランニング用ということでrFTPwと表記します。

 

 

みなさんお気づきのとおり、

STRYDを導入したら

自分の限界値を知ることが第一歩なのです。

 

よほどMっ気が強い人じゃない限り、

自分の限界値を知る=限界まで追い込む

というのはあまり気が進みませんヨネ笑

1時間全力で走ればいいんですけど、

ぶっ倒れるまでそんなスピードで走って

測定するのはなかなか難しいので、近似値を出す

3分-9分テストで今回は行いました。

 

 

最初に15分間のアップ→3分間の全力疾走(3:16/km)

5分間ウォーキング→10分ジョグ

5分間ウォーキング→5分ジョグ

5分間ウォーキング

→9分間の全力疾走(3:29/km)

3分間全力疾走した時の平均出力と、

9分間全力疾走した時の平均出力を

足して2で割って、0.9をかける。

わかりやすく書くと

【3min(MAX)+9min(MAX)】÷2×0.9(90%)

 

 

(348.6w+325.2w)÷2×0.9=303.21

ざっくりrFTPw=303wという値が出ました。

さらに体重で割ると66kgなので4.59が

体重1kgあたりの出せるrFTPwです。

 

 

人と比べてもしょうがないので、まずはこの数字を

基準に今後自分の出力が上がるか(出力向上)

または体重が軽くなっても同じ出力が出せるか(出力向上)

同じスピードで出力を下げられるか(ランニングエコノミーの向上)

そういった数字を見ていけば1週間前の自分とも比べられるし、

1ヶ月前の自分とも比べることが可能です。

 

もちろんタイムトライアル(TT)などでタイムが上がった

というのもひとつの目安です。

 

TTでタイムを測るのと違って、トレッドミルで行えば、

天気や風向き、気温、スピードの上下等に影響されることなく

常に一定の条件で計測が可能なのも特徴ですね。

 

 

 

長くなってしまいましたが、まずは

STRYD購入→FTPの測定がマストで

それをもとにトレーニングを行っていきます。

第3章ではデータの画面・データ管理についてお伝えいたします。

 

 

 

 

 

ランニング用パワーメーター STRYD〜第1章 用語について〜

5月ころから情報を発信しているランニング用の
パワーメーター
「STRYD(ストライド)」
仕事が落ち着いてきたため、
めちゃくちゃ詳しい副店長と
夕子先生に追いつくべく、
使用を開始いたしました。
販売開始の時の記事はこちら
 
正直なお話をすると、副店長と夕子先生が専門的な分野です。
店長はどちらかというと、お客さんと同じ目線で
何がどうなのかという視点でSTRYDを見ていきます。
 
さて、さっそくですが使ってみました。
画像の波形を見ていただくとわかるように、
インターバルを行いました。
そう、先週末の土曜日の夕子練です。
 
この日は200mのインターバルで、
レストを40秒で行いました。
上記のペースや心拍数、
ピッチなどはパワーメーターがなくても
表示されますので割愛します。
 
ここからが本題です。
1、Power(Watts)
 ランニング中の’出力をワット数で表せます。
 今回は1番ワット数が高くなっているインターバル走の加速時の出力を見ていきます。
数値が397Wattsと表記されています。
この数値がいいか悪いかはここではスルーします。
※ランニングの効率を考えれば、同じ速さで走った時に、
 この出力が低い方が効率の良い走り方である
と認識しておけばわかりやすいと思います。
 
 
2、Cadence(SPM)
 1分間に両足が地面に着く回数を表しています。
図ではRPM(片足の接地回数)になっていますが、一般的に普段ジョギングなどをしたりする時に、ケガをしにくい走り方をしようと思った場合、SPM175〜185前後くらいを目安に走れるとベター(今回はインターバルなので数値がそれよりも高いのは問題ない)と言われています。
 
 
3、Ground Time(足部接地時間)
こちらは、150ms〜300ms
わかりやすく書くと、地面に足が着いてから
離れるまで、0.15秒〜0.3秒がいいとされています。
接地時間が長いとバネを使った走り方にはなりません。
4、Vertical Oscillation(体全体の上下動の幅)
 こちらも平たく言うと体の上下動です。
8cm〜14cmが良いとされています。
よく「上下動をせずに目線を一定にして走ると良いですよ」とアドバイスされるランニングコーチの方もいますが、上下動が少なければ必ずしもいいわけでもありません。
歩くような走り方の人(腰を落としてすり足で走るような人)などは、体の上下動は少ないということになりますが、体のバネを使った走りはできませんね。
5、Form Power
 ランニングの動作は上下・左右・前方向へと
大きくわけて3つの方向に力が働きます。
Form Powerというのは、足が地面に接地した時の前方向以外の左右のブレや上下動のエネルギーのこと。
平たく言うと、ランニングフォームを維持するために使用するパワーのことを指します。もちろんランニングの動作上はありえませんが、全て前方向へ推進力が働けば、Form Powerはゼロということになります。
6、Leg Spring Stiffness(一歩一歩の反射能力)
 この数値が低いと、筋肉に頼った走り方になってしまい、
腱反射と言われる(いわゆるバネを使って走る)走り方が
できません。
※このLeg Spring Stiffnessは重要な数値。
 必ずまた出てきます。
・・・とここまで色々記載してきましたが、
この数値を知っただけでは、
効率のいい走り方にはなりません。
これをどのように活かすかが重要ですが、
それがわからなくて「STRYD」を導入することに
抵抗がある人が多いように感じました。
この数値をどう認識してトレーニングしていけばいいか、続きは第4章で書いていきたいと思います。
第2章は己の実力を測るFTP測定です。

美ヶ原トレイルラン参加しました

美ヶ原トレイルラン&ウォーク45kmに

参加してきました。

普段お客様と接する上で自分が走れないと

説得力もないなという、誰も考えていない

かもしれない変なプレッシャーの中、

確実な完走と20代が殆ど参加していない

のに目をつけてあわよくばエイジ別の入賞

を目標に朝8時00分にスタート!

 

スクリーンショット 2016-07-06 13.18.21

序盤にスキー場の急登を登って、

一気に下ってあとはしばらくだらだら

アップダウンが続くコース。

作戦は前半ののぼりは頑張って早歩き

下りはしっかり走って登りはできるだけ

心拍をあげずにゆっくり登る。

でしたが序盤の下り坂で気持ち良くなり

心拍を上げすぎてしまい中盤から失速。

35km地点ではゆっくり登っていても

心拍が下がらない状態になるという

初心者のような展開に。

トレラン初めて4年も経つのに進歩が

ないな〜と反省しつつも、しっかり完走

することだけを意識して一歩一歩。

 

足さえ前に出し続ければ確実にゴールは

近づくのです。

2014年に走ったUTMFも145km地点で

眠り込んでしまい10エイドから11エイド

までの約20kmに12時間23分かかるという

やや遭難に近い状態でも一歩一歩。

完走する上で1番捨てちゃいけないのは

ゴールしたいという気持ちです。

 

結果は残り10km地点くらいから、

4時間前にスタートした80kmの選手に

追い抜かれながらも無事ゴール。

ある程度設定していた目標タイムの

5時間30分をギリギリ切れました。

年代別ではなんとか2位に滑り込み

ましたが、20代が少なすぎるだけ、

来年同じ順位になるにはあと27分の

短縮が必要ということになりました。

全体では24位でした。

 

トレーニング不足のわりには頑張った

と思いますが、これからもお店を通して

地域の方々と走って恥ずかしくない

くらいの走りではいられるように努力

していきたいと思います。

 

たまにはオーバーナイトの

トレーニングも開催しますので、

遊びにきてください〜!

IMG_2481

BORN TO RUN -走る原点-

STRIDE LAB In-Store Event

走る原点

 

ゲスト: 松島倫明氏 (NHK出版)

ゲスト: 高岡尚司 (裸足マラソン最速ランナー)

全世界で最も売れたスポーツ関連書籍「BORN TO RUN」を日本に広めた立役者で、その後もそれに関連するすばらしい書籍を紹介し続けているNHK出版の松島氏をお迎えし、「走る原点」についてそれぞれの本に書かれている内容を踏まえた形で話を進めていただきました。

その対談相手には裸足で湘南国際マラソンを「2時間45分」で走った男。。。「高岡尚司氏」に来ていただきました。

 

13237583_267910303559759_1128933280210958889_n

 

先ずはお二人の紹介:

松島倫明氏 (NHK出版)

ー言わずと知れた名編集者。このBORN TO RUNと言う一風変わった題材の本にいち早く興味を持ち、その「文化」を日本に広め、その影響を受けて「走る原点」を感じた人は私を含めものすごい人数いるのではないでしょうか?それだけではなく、その後紹介された「EAT and RUN」、「Go Wild」、「Natural Born Heros」はそれぞれの分野の原点を探求しながら、人間の本質の一部を垣間見れるような、とても興味深い作品ばかりです。

 

高岡尚司氏 (F8代表)

ーフルマラソンを裸足で2時間45分で走りきる実力は驚くばかりですが、ご本人は鍼灸あん摩マッサージ師の国家資格を有し、治療院を経営しながら、ランニングの指導を行うコーチでもあり、足袋シューズの開発にも関わるエンジニアでもあり、ラジオの番組を持つ饒舌パーソナリティーでもあります。治療家としての知識と経験を元に確立した独自のコーチングメソッドは大変人気で、なかなか予約の取れないランニングクリニックも全国各地で定期的に行っております。

 

最初に。。。

BORN TO RUN

この本はまさに代表作!この本から裸足ランニングに関する議論が盛んになり、「ベアフットランニング」と言う言葉が世界中に知れ渡るきっかけになりました。またそこに書かれている「走る民族ーララムリ」に関しては実際に松島氏が触れ合うことで知ることのできた内容も含めてとても興味深い内容でした。

13413145_276408959376560_878177693147046330_n

BORN TO RUNの中の強烈なキャラクター「ベアフット・テッド」との出会いもまた強烈な印象があり、その彼が開発し、未だに手作りを続けている「ルナサンダル」で走り始めた時の「フリー」な感覚もまさに「走る原点」となった大きな出来事でした。

EAT and RUN  & Natural Born Heroes

走るだけではなく、原始的な人間の能力や、機能とその環境に対する適応など、食事を含めた様々なトピックについて語っていただきました。

高岡氏も実践している食事方法や、EAT and RUNの中ではメイントピックとなる「ビーガン(完全菜食主義)」の話とその利点。Natural Born Heroesの中で注目されている「原始的な食事方法」などを実際の経験から感じるメリット、デメリットについてもお話ししていただきました。

この書籍のファンでもある店舗スタッフが聞きたい質問も出来て大満足なトークイベントになりました。トークショー終了後の脱線トークの広がり方も尋常ではなく、、そのまま朝まで聞いていたいくらいふかーーいないようでした。

参加いただいた皆さま、ゲストの松島さん、高岡さん、本当にありがとうございました。

書籍は店舗で見ることができますので、是非立ち読みしに来てください。

最後に内容をちょこっとだけ。。。