靴ひも

前足部の広めの人や、少し違ったフィット感を探している方におすすめな、新しい方法のレースシステムを紹介します。以前ランニングショップでお勧めしていた時は、80%のお客様に気に入ってもらえて、その結び方で実際に利用して頂いておりました。

このシステムでは、前足部のゆとりを十分に保つ事が出来て、さらに靴ひもの締め付けによる不快感を無くしてくれます。中足部の折れ曲がる部分では通気性も良くしてくれる点も好まれるポイントです。

方法は簡単です。写真のように2つ目のループはクロスさせずにストレートに上側のループを通します。その後は下から通常のようにクロスさせて結びます。その後、最後の部分も最初と同じくクロスさせずに次のループへストレートに結び、そこに出来た穴に逆側からクロスさせた紐を通して「フック」の様なシステムを作ります。

lacing_front

 

前足部の自由度の高い結び方で、ナチュラルな走り心地をお楽しみください。
1: アーチの内側の紐は指が一本入るくらいの緩さを確保してください。
2: 踵部分はしっかりと固定され、前足部はゆったりしているのが最も好ましい
3: 最初は前足部が緩すぎると感じますが、それで丁度良いです。足指が少しずつ広がることで、フィット感も良くなります。
4: はじめは片足だけこの結び方で試してください。数キロ走った時点でその自由度を感じる事が出来ます。足部の自由な感覚は足全体に広がり、リラックスしたランニングを実現してくれます。

コメントを残す